SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、オウンドメディア向け運用型SEO「コンテンツオプティマイザー」提供開始

 コンテンツマーケティングに取り組む企業が増え、オウンドメディアを構築し、生活者が求める情報を記事コンテンツとして公開しているが、なかなか最適なSEO施策を組み込めておらず、検索を通じて生活者と接触する機会を失っているケースも見られる。

編集過程にSEOを組み込むイメージ図
編集過程にSEOを組み込むイメージ図

 アイレップが開始した「コンテンツオプティマイザー」サービスは、編集や執筆という過程に沿ってタイムリーに改善提案を提供し、記事が公開される時にはSEO観点でも最適化された状態となるよう、検索を通じて生活者が有益な記事に接触できる機会を創出する。対象検索エンジンはYahoo! JAPAN検索、Google。対象言語は日本語(その他の言語も対応可能)。

【関連記事】
オウンドメディアの流入元、約8割が検索
コンテンツマーケで活用しているプラットフォームは?断トツトップは約7割で「Facebook」に
電通、オウンドメディアのコンサルティング事業を展開するトライベック・ストラテジーへ出資
ブログを活用してオウンドメディアを構築!「はてなブログMedia」リリース
アイオイクス、コンテンツマーケティング専業会社「エコンテ」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/19 09:30 https://markezine.jp/article/detail/21961

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング