MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Turn、ゲーム理論を使った入札価格の算出など5つのアドテク特許を取得

2015/03/02 17:00

 Turnは2月25日、米国特許商標庁(UPSTO)からアドテクノロジーのイノベーションに関する以下の5つの特許を受けたと発表した。

Externality-Based Advertisement Bid Adjustment (Patent 8,799,081)

入札価格を算出する典型的手法は、あるひとつの入札に関して特定の広告在庫のパートナーが開示したものをベースにしている。特許を受けたアプローチではゲーム理論を適用し、ある広告在庫のパートナーが開示する情報をほかのパートナーと比較して支払うべき金額を算出する。

Enhanced Online Advertising System (Patent 8,768,766)

デジタル広告の自動化についての最初の特許のひとつ。達成目標に基づく入札予測の自動化に関するもの。

Horizontal Interval -Based Data Partitioning and Indexing for Large Clusters (Patent 8,903,803)

データ分析のためのクエリ間隔のレンジに対して大量データを分割するユニークなアプローチ。

Custom Data Warehouse on Top of MapReduce (8,918,388)

効率性を向上させるデータ圧縮手法。必要なサーバーのスペースを減らし、より速いクエリを可能にする。

Meta-Data Driven Data Ingestion using MapReduce Framework (8,949,175)

複数のプロバイダからデータをロードする効率を改善する。データソース間の不一致に対処し、進化するデータウェアハウスのスキーマを生み出す。

【関連記事】
電通、Turnのソリューションを採用~DMP・データ分析などデータドリブンマーケティングを推進
Turn、hybrisのECソリューションにDSPとDMPを提供
オンライン広告関連技術特許ランキング1位は「ヤフー」、「楽天」が3位に躍進
DAC、ネット広告出稿量計測サービス「NETStats!」に関する特許を取得
パナソニックの特許調査支援サービス「PatentSQUARE」、Familyソートや一覧グルーピングが可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5