SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2015 Spring(PR)

マスプロモーションxAntenna連動で前例のないスマホブランディングに挑戦!日清食品等の成功事例

前例のないスマートフォンxブランドリフト/マーケターの挑戦

 そして最後に、「Antenna」の特長と活用事例が紹介された。「Antenna」は都市部の20~30代男女を中心に400万人以上のユーザーを擁し、350を超えるメディアと正式に契約。ナショナルクライアントを中心に多くの支持を集め、現在500社以上のマーケティング・プロモーションに関わっている(2015年3月時点)。

 既存のマスプロモーション施策を活かしつつ、スマートフォンを活用した新たなブランドリフトに挑んだ事例としては、「日清食品」の施策が紹介された。テニスプレーヤーの錦織圭さんを起用したカップヌードルのプロモーションにおいて、テレビCMと「Antenna」を連動させ、「全豪オープン」というタイムリー性と、2種類の動画を同じ画面上で比較解説するという「Antenna」のUIを活かした見せ方で大きな話題を呼んだ。

事例:日清食品 カップヌードル

 また、ソニー・ピクチャーズの映画『シェフ』のプロモーションにおいては、Web上での展開のみならずリアルな空間でのプロモーションも組み合わせ、表参道にあるカフェ店舗「Antenna<>WIRED CAFE」にて映画に登場するメニューを期間限定で実際にメニュー化し、映画公開記念イベントも開催した。結果、このイベントがパブリシティ効果を生み、コンテンツ露出効果が最大化したという。

事例:ソニー・ピクチャーズ 映画『シェフ』x Antenna

 様々な事例が紹介されたが、荒川氏は最後に「まだまだ企業内には魅力的なコンテンツが潤沢に存在する」と語り、「さまざまな形でメディアと連携させることで、面白い出会いを生み、新しい価値が生まれて効果につながる可能性がある。前例のない試みに、ぜひAntennaと一緒にチャレンジしてほしい」と結んだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2015 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/04/16 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22195

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング