SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日産自動車、「Adobe Marketing Cloud」を導入

 アドビ システムズは、日産自動車が同社のデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」とコーポレートパブリッシングソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」を採用したことを発表した。これにより日産自動車は、グローバルで展開する複数のブランドで一貫したブランドイメージを保つことができる、ルノー・日産アライアンス共通のデジタルマーケティングプラットフォームを構築する。

 日産自動車は世界20の国や地域に生産拠点をもち、世界各国の拠点を通じて3つの自動車ブランド(NISSAN、INFINITI、DATSUN)を展開している。日産自動車では、デジタルを当然のように使う顧客の購買プロセスに重点を置き、一貫したブランド戦略に基づいて迅速な市場展開を行いつつ、顧客を理解するためのデータ分析や、ブランドイメージを保つためのアセット管理のコスト効率を高めたいという課題を持っていた。またデジタル変革によって、グローバル資源の活用、重複投資の合理化、プロセスの標準化を図り、年間あたりのマーケティング投資を半分に抑制することを目指している。一人ひとりの顧客に最適な体験を提供することによるマーケティング費用対効果の向上と収益性向上を見込み、同時に一貫したブランドイメージをグローバルで提供していくことを目的に、今回の取り組みに至った。

 今回導入された「Adobe Marketing Cloud」には、「Adobe Experience Manager」「Adobe Analytics」「Adobe Target」「Adobe Social」が含まれている。これらを活用することで、各拠点のマーケターとクリエイティブチームは、顧客との接点となるモバイルやソーシャル、ディーラー網などの多様なデジタルチャネルを通じて、顧客一人ひとりの興味や嗜好に基づいた適切なコミュニケーションを図ることが可能に。一貫したブランドアセットを迅速かつ効率的に活用できるプラットフォームを確立した。

【関連記事】
シナリオ、自転車の車輪にLEDで広告を流す「Electro Bike」の提供を開始
いすゞ自動車×ユーグレナ、100%ミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料開発を目指す「DeuSELプロジェクト」発足
好みの車をレコメンド!ガリバー、クルマカタログアプリ「eraBoon」リリース、制作はチームラボ
若者の車離れは本当か?【若者に関する調査】
若者向けの車を作れそうな会社は「アップル」「グーグル」「ディズニー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/04/07 11:30 https://markezine.jp/article/detail/22280

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング