SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

COLUMN

壮大なビジョンもまずは小さなスタート!プライベートDMP導入時に陥りやすい「落とし穴」【後編】

 昨年から大手企業でプライベートDMPの導入検討が進みはじめている一方で、導入時の課題も多い。導入の際にはどのような点を注意すればよいのか2回にわけて紹介する。後編ではスモールスタートで取り組むことの重要性について解説します。

使えるプライベートDMPにするには

 幅広いマーケティング活動が実現できるプライベートDMPは、大企業を中心に様々な業種の企業から注目を集めている。しかし、多くの企業は導入ありきでプライベートDMPを構築し、せっかく高い費用をかけたのにうまく活用できていないというケースが多い。そうした「落とし穴」には陥る理由はどこにあるのか。使えるプライベートDMPにするにはどのようなことに注意すべきか。前編に続き後編では、大手企業のプライベートDMP導入事例やコンサルタントとしての現場経験を通じて、「落とし穴」にはまらないためのポイントを解説する。

大規模予算よりもマーケター目線の要件定義が重要

 昨今、プライベートDMPの導入企業が増えているが、プライベートDMPというハコを導入しただけではうまく活用することができないと謳われる場面が多くなっている。また、プライベートDMPの導入には大きな費用がかかるため、一度導入したら使いづらくとも使い続けなければならないという企業が大半である。

 つまり、導入までの業務設計や要件定義が非常に重要である。そして、導入期は最も「落とし穴」に陥りやすいフェーズであり、導入時に知っておくべき事を事例を通じて紹介する。

スムーズに運用できない組織構造とは

 サービス業界大手のC社は、膨大な顧客データを保有しているが、それを商品設計やマーケティング戦略などに活かしきれていないという課題を持っていた。そこで、情報システム部が主導で大手システム会社へ莫大な費用をかけ、プライベートDMPを導入した。

 しかし、いざ運用を開始すると、現場担当者にとって操作が難しく、業務改善や戦略立案に必要なデータを取り出すことができない。その結果、マーケティング担当者が毎日朝早く出社し、2~3時間作業して使える形のデータを抽出するという、本来ならば必要のない工数が発生している。

 これではせっかくプライベートDMPを導入しても、労力とコミュニケーションコストばかりかかってしまい、本来の業務改善には寄与しないだろう。

 前編でも触れたとおり、プライベートDMPは顧客とのコミュニケーション設計や戦略の一つひとつを最適化する判断材料を提供するシステムである。しかし、その判断材料(データ)を取り出すまでに多くの労力がかかるようでは、莫大な費用をかけたにも関わらず、成果が全くあげられないことになってしまう。

 なぜ、このような「落とし穴」に陥ってしまうのか。その理由の多くは、大手企業の組織構造に問題がある。実は、C社も同じ問題を抱えている。

 プライベートDMPの導入時によくあるフローは、情報システム部のようなインフラを司る部署が主導となるものである。お付き合いのある大手システム会社からインフラの改修と導入できるツールの提案を受け、1~2年かけてプロジェクトを進める、といった流れとなる。

 しかし、情報システム部の目的は「どのようにデータを効率的に統合するか」ということで「戦略的なマーケティング活動」や「売上向上」といった意識が低い場合が大半である。

 そのため、「現場がどう使うのか」「何に役立てられるのか」という観点があまり考慮されないまま要件定義が進んでしまい、いざ運用が始まっても現場やマーケティング担当者がうまく使えないという意見が非常に多い。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ポイントは組織横断とパートナー選定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
COLUMN連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡野 遵(オカノ ジュン)

株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs シニアコンサルタント。マーケティングインテリジェンス Unit マネージャー。1980年生まれ。大学卒業後、流通業にてFCチェーン店舗のSVとして加盟店契約、既存店販促支援、商品選定、PL管理などの業務を行う...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/28 08:00 https://markezine.jp/article/detail/22449

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング