SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

まずは一歩踏み出す!マーケティングオートメーション活用で資料請求の2~3割を生み出す“鉄板の施策”

 今、注目が集まっているマーケティングオートメーションツール。さまざまな機能を備え、複雑・高度なマーケティングを実践可能になるが、その中でも目に見えて成果があがる“鉄板の施策”が見つかったという。果たして、それは一体どんなものか。国内のマーケティングオートメーションツールベンダーで5年連続シェア1位のシャノンの担当者に話を聞いた。

マーケティングオートメーション導入の成果

 マーケティング担当者の間で、注目ワードの1つとなっているのが「マーケティングオートメーション」。Googleトレンドで検索数の推移を見てみると、1年ほど前から確実に注目度が高くなってきている。

 マーケティングオートメーションとは、多様化するコミュニケーションチャネルを統合管理して、顧客に最適なマーケティングを実施できるように自動化するシステムのことを指す。

 特にユーザーの個人情報を取得して見込客としてリスト化してから、長い時間をかけて購入・受注へと落とし込むBtoB企業や不動産、保険等の企業から、ユーザー一人ひとりの興味対象・購入意欲の度合いなどに応じて、最適なアプローチが採れるようになると期待を寄せられている。

 気になるのは料金だが、SaaS型で提供されるマーケティングオートメーションツールの場合、一般に月額料金10万円程度からスタートできる。そこまで高いハードルではないため、中堅規模の企業でも導入検討が進み始めているという。

 とはいえ、新しいツールを導入しようとすれば当然、投資対効果が問われることになる。果たして、マーケティングオートメーションツールを導入することで、投資額以上の価値がある成果を得られるのだろうか。

成功事例から見えてきた真っ先に実施すべき“鉄板の施策”

 国内のマーケティングオートメーションツールベンダーで5年連続シェア1位を誇る「SHANON MARKETING PLATFORM」を提供する株式会社シャノンの村尾慶尚氏によると、「何となくマーケティングオートメーションがこれから大事なようだから」といったツール導入自体を目的にしてしまっている企業も増えているが、それらの企業では実際には導入まで至らないようだ。

株式会社シャノン マーケティング企画本部 本部長 長崎俊樹氏(写真左) マーケティング企画室 プロダクトマーケティング担当村尾慶尚氏(写真右)
株式会社シャノン マーケティング企画室 室長 長崎敏樹氏(写真左)
マーケティング企画室 プロダクトマーケティング担当 村尾慶尚氏(写真右)

 「導入して成功している企業の共通点として、『マーケティングROIの向上や商談数の増加』といった明確な目的を導入時から持っていることが挙げられます。そうした企業は、『マーケティングオートメーションによって、課題としていたKPIがこれだけ改善し、売上がどれだけ増えた』といったように成果を数値で把握できています。その結果、『マーケティングオートメーションに投資した価値は十分にある』と評価いただけて、継続利用につながっていますね」(村尾氏)

 さらに村尾氏は、マーケティングオートメーションの成功事例を集めていくうちに、「マーケティングオートメーションに取り組み始めたら、真っ先に実施すべき“鉄板の施策”」があると語っている。その施策は、他施策のクリック単価(CPC)やコンバージョン単価(CPA)で比較してみても、勝るとも劣らない実績を残せる確率が高いという。

 また、「これ以上、リスティング広告の予算を増やしても売上は増えない」といった悩みを抱えていた企業が試してみたところ、目覚ましい売上増につながった事例も出ているそうだ。

 そんな気になる“鉄板の施策”とは、「リマーケティングメールを送る」というものだ。

資料ダウンロード:顧客の購買行動の変化に対応してマーケティング成果を向上させる「リマーケティングメール」とは

次のページ
見込客を売上に変える“リマーケティングメール”

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/24 21:29 https://markezine.jp/article/detail/22731

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング