MarkeZine(マーケジン)

記事種別

イスラエル発のベンチャー、米市場を寡占 完全なるパーソナライズド動画はどう作られるのか

2015/07/28 08:00

 「あなただけ」へカスタマイズされた情報に、顧客は心を動かされる。コンテンツの性質上、難しいとされていた動画まで、今そのパーソナライズが可能になっている。イスラエル発のベンチャー企業、サンデースカイは、米を中心とした豊富な実績をもって日本でもパーソナライズド動画の提供を開始。CEOのシュムリック・ウェラー氏は「これは単なるテンプレートとはまったく違う」とその特異性を強調する。

パーソナライズド動画を世界で展開するサンデースカイ

MZ:各種ツールの発展もあって、メールを中心にパーソナライズしたアプローチに着手する企業が増えています。一方で、理解促進などに効果が高いとされる動画については、その内容からカスタマイズが難しく、日本市場では完全にパーソナライズした動画の例を聞くことはほとんどありませんでした。今回は、すでに米国をはじめ世界各国でパーソナライズド動画を提供しているサンデースカイのCEO・ウェラーさんの来日に際して、パーソナライズド動画の仕組みや日本での事例などをうかがいます。まず、サンデースカイの事業について教えてもらえますか?

ウェラー:当社はイスラエルのベンチャー企業で、2007年に私と現CTOのヤニーヴ・アクセンの2人で創業しました。目的は、ブランドとお客様とのコミュニケーションをよりスムーズにすることです。私たちの技術によって、双方を結びつける新しいインフラをつくりたいと考えました。社員は現在約160人で、拠点はイスラエル、ニューヨーク、ロンドン、東京の4都市にあります。

サンデースカイ CEO & CO-Founder シュムリック・ウェラー氏
サンデースカイ CEO & CO-Founder シュムリック・ウェラー氏

MZ:元々、動画の事業に特化していたのでしょうか?

ウェラー:そうですね。というのは、ブランドが商品やメッセージを訴求するのに、動画は最も優れていると思うからです。感情に訴え、人の心に響くプロモーションができる、“best interactive solution”だと考えています。

たった一人に向けた動画を大量にリアルタイムで生成

MZ:ちなみにイスラエルは、テクノロジー系スタートアップが多い印象がありますが、起業が盛んなのでしょうか?

ウェラー:ええ、800万人の人口に対して5,000以上のスタートアップがあるので、非常に盛んだと思います。立ち上げ時には国からの支援も受けられますし、シリコンバレーのようにチャレンジを後押しする土壌がありますね。私も元々はエンジニアですが、会社を創業するのはこれで3回目なんです。

MZ:では、サンデースカイのパーソナライズド動画について教えてください。

ウェラー:当社で「スマートビデオ」と呼んでいるパーソナライズド動画は、完全にその人ひとりに向けた動画です。いわゆる、同じ映像の数カ所だけで名前を差し替えたりするテンプレート型ではなく、画像や音声、数値などの素材と情報を参照して、オーダーメードでリアルタイムに組み立てて配信します。なので、動画の長さ(秒数)もそれぞれ異なります。

MZ:例えばどのような業種で使われているのですか?

ウェラー:分かりやすいものだと、米でAT&Tなどのモバイルキャリアが請求書を動画で配信しています。「video bill」というのですが、メールなどで案内された個別の動画にアクセスすると、通話料金などの内訳や合計がストーリーに沿って数値と音声で案内されるんです。これは顧客満足の向上や解約率の低下、コールセンターの負担軽減などに効果があると、各キャリアから好評です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5