MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタル広告にテレビ視聴率と同様のGRP指標を/「ニールセン デジタル広告視聴率」日本導入へ

2015/07/14 11:30

 ニールセンは、新サービス「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本で正式に提供を開始することを発表した。オンラインでのブランディング広告キャンペーンのリーチ(到達度)を計測するこのソリューションは、オンライン広告に従来の“クリック数”以外の効果計測方法を導入し、広告主は「自社広告がターゲット層にいかに到達したか」をテレビ広告のGRP(Gross Rating Point/テレビコマーシャルの延べ視聴率)と同様の指標で管理できるようになる。オンライン広告業界の底上げにつながると期待される同サービスは、すでに北米、欧州を中心に12か国で展開しており、今後はフィリピン、タイ、マレーシアとメキシコでの提供開始を予定している。

 「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現。日本で2,300万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になる。

【関連記事】
TubeMogul、GRPベースでビデオ広告をバイイングする「BrandPoint」をローンチ
テレビとソーシャルの融合を加速!ソーシャルメディア分析サービス「TV insight」リリース
アドビ、Jストリームと連携へ~テレビ番組等の動画コンテンツ配信・収益化サービスを展開
フジテレビ、米Netflixとオリジナルコンテンツ制作で合意へ
日本テレビとバスキュールが合弁会社「HAROiD」設立、スマートテレビ、スマートデバイスの事業推進へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5