SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

売上250%増 「いいね!」の数によって割引率をUPする、目からウロコのFacebook施策


 小売店のセールや割引は店舗の都合で決まるもの。そんな常識をルーマニアのスーパーマーケットが覆しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:ルーマニア
 企業/ブランド:BILLA
 業種:小売

「安いものを買う」から「ほしいものが安くなる」へ

 世界中の優れたマーケティング活動に対して授与される「エフィー賞」の銅賞を受賞した、ルーマニアの大手スーパーマーケット「BILLA」のデジタル施策をご紹介します。

 運用しているFacebookページを、上手く販売促進につなげられていないことが課題だったBILLA。そこで同社が打ち出したのが、ソーシャルカタログというアイディアです。

 通常よくあるオンラインカタログと異なるのは、ここに掲載されている商品には、「いいね!」がつけられるようになっている点。「いいね!」の数が多ければ多いほど、割引率が上がっていくという仕掛けが施されているのです。

 対象商品は毎日追加され、カタログの内容は、BILLAのFacebookページにリアルタイムで反映されます。お客さんは、割引価格で購入したいと思う品に対して「いいね!」をクリック。商品がカタログに掲載されてから24時間以内に押された「いいね!」の数によって、値段が決まるという仕組みです。

 このプロモーションの結果、Facebookのエンゲージメント率は2,200%も上昇し、最大の競争相手のページと比べてシェア数は7倍を達成。そしてカタログに掲載した商品の売り上げは250%の伸びを見せたそうです。

 “人気のバロメーター”という意味合いで捉えられることの多かった「いいね!」を、商品の販売に直結させたユニークな活用法。ちょっとした発想の転換で売り上げを伸ばすことに成功した、秀逸なプロモーションでした。

動画はこちら

 

先週の紹介キャンペーン

 話題の音楽画像認識アプリ「Shazam」を活用した、コカ・コーラゼロの“飲める広告”

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/11 20:37 https://markezine.jp/article/detail/22828

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング