SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、Google Chrome版ウェブアプリを公開~追加インストールなく複数デバイスで利用可能

 LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のGoogle Chrome版ウェブアプリを公開した。同ウェブアプリは、Googleアカウントを利用することで、一度インストールしてしまえば、追加インストール不要で複数デバイスからLINEにアクセス・利用ができる。

 LINEのトーク機能はもちろん、PC利用を想定したスクリーンキャプチャの撮影・送信機能を搭載。また最大1GBのファイル送受信や、独自機能として、テキストや画像の整理・保存が可能な「メモ」機能も追加されている。

Google Chrome版独自の「メモ」機能

 同社では、これまでメインのスマートフォン版に加え、サブデバイス機能としてPC版(Windows/Mac)、iPad版、ウェアラブル端末版などを提供し、マルチデバイス利用の垣根を下げることを目指してきた。同サービスの公開により、さらにマルチデバイス利用の垣根を下げ、より多くの利用者へユーザー体験を届けることを目指す。

【関連記事】
LINE事業単体の売上額は253億円/海外での広告事業展開も伸長【2015年4-6月期LINE業績】
日本価格の3割安くなる場合も、海外ブランドに特化したフラッシュセール「LINEトリップバザール」
伊藤忠とDACが連携、LINE ビジネスコネクト活用したワンストップでのインセンティブ提供を実現
LINE、青少年のネット利用実態に関する全国調査を実施へ~ネット上のトラブル防止と啓発を強化
湘南美容外科クリニック、「LINE ビジネスコネクト」を活用した問い合わせ体制を構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/31 09:00 https://markezine.jp/article/detail/22882

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング