SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル戦国時代を制覇する!mobidec2007詳細レポート

ソフトバンクモバイル 「CP、ユーザーとともに新しいモバイルインターネットを推進」


ソフトバンクモバイル株式会社 技術統括プロダクト・サービス開発本部 モバイル・メディア・コンテンツ統括部長 松本正尚氏は『Yahoo!ケータイの一年と今後の方向性』と題したセミナーを行なった。新たな組織体制の下でのYahoo!ケータイのポータルの方向性とコンテンツの代表的な取り組みなどについて講演した(この記事はmobidec2007のレポート記事です)。

Yahoo!ケータイの『Everywhere』と『one Search』

 「PCとモバイル両方を使っているお客様が非常に多い。PCのポータルのパワーを活かす」と自社の強みをはじめに語った松本氏。Yahoo! JapanというPCポータルを強みに他のキャリアとの違いを強調した。

ソフトバンクモバイル株式会社 松本氏

 しかしその一方で「現状、『こういう形が真のモバイルインターネットのポータル』というイメージがあるわけではない。ユーザーやCPとともに、新しいインターネットを作って行きたい」と顧客やCP(コンテンツプロバイダー)と新しいモバイルポータルを共創してゆく姿勢を示した。

 モバイル検索については『one Search』というサービスコンセプトを紹介。ユーザのニーズを辞書化し、キーワードから求められているコンテンツを推測して検索結果を表示するという。たとえば「上戸彩」というキーワードを検索するユーザーには、上位に画像コンテンツを、「しし座」という検索には上位に占いコンテンツを表示する。Yahoo!が持つコンテンツだけでなくCPのコンテンツとも連動させてゆく。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「タダ」をキッカケに、コンテンツ販売を伸長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
モバイル戦国時代を制覇する!mobidec2007詳細レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中谷 健一(ナカヤ ケンイチ)

トリムタブジャパン有限会社 代表取締役社長 モバイルを軸に、メディアマーケティングやBtoCサービス設計のコンサルティングを行う。著書に、iモード初のファッション情報サイト立ち上げを題材にした「成功する!ケータイ通販」

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/12 12:32 https://markezine.jp/article/detail/2312

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング