MarkeZine(マーケジン)

記事種別

KLab真田氏が語るケータイ動画技術のこれから

2007/12/21 15:00

数多くの動画配信システムの構築経験を持つKLab株式会社 代表取締役社長 真田哲弥氏が、近年における携帯向け動画の技術およびサービスの動向を分析した(この記事はmobidec2007のセッションレポート記事です)。

成熟期の兆候が見えつつある「日本の携帯動画市場」

 日本市場における携帯向け動画の技術動向には、4つの傾向が見られるという。1つは10MBiモーションに代表される「配信の長尺化」、2つめに視聴する側の尺制限の撤廃、3つめに「ニコニコ動画」にも見られる「Flash Liteの活用」、そして最後にWindowsMediaVideoの登場により「フルブラウザ環境で配信」が可能になったことが挙げられる。

KLab株式会社 代表取締役社長 真田哲弥氏

 おそらくこうした技術革新は停滞することなく、配信・受信ともに多様化し、進歩していくことが予想される。

 そうした技術動向とともにユーザーの意識がどのように変化しているか、KLabでユーザーを対象に行われたアンケート調査の結果が一部紹介された。その動向として、「勝手サイト」のユーザーの9割が「携帯で動画を見たことがあり」、そのほとんどが無料での閲覧。さらに、移動時ではなく「寝る前」や「家で」ゆったり見る傾向にあった。

 そして、携帯向け動画サービスの状況について、真田氏は「公式サイトでは新規サイトが半月ごとに加入され、特定ジャンルに特化したサイトが増えつつある。ポイント制または定額の有料課金制で従来より長尺のものが増えてきた」と分析し、その他のサイトについても動画をツールとして活用するサイトが増加しつつあると語った。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5