SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

織田浩一の近未来マーケティングガイド

第6回 独走するYouTubeに「待った!」をかける

YouTubeはビデオ共有サイトの中で、圧倒的な強さを見せておりそのあとをMySpace、Google VideoやMetacafeなどが追いかけている。当然、他の会社がYouTubeの一人勝ちを指をくわえてみているわけはない。ここへきて、ふたつの発表がYouTubeの一人勝ちに対して、別の競争軸での戦いを挑み始めたように見える。

GoogleとAppleの提携

 Googleがさまざまな提携を通じて、Microsoftとの競争に勝とうとしていることに対しては異論はないだろう。Google Packと名づけてFirefoxやAdobe Reader(MicrosoftはPDFやフラッシュに対抗するフォーマットをこれから出してくる)のフリーダウンロードを用意したり、Microsoftのオンライン広告プラットフォームadCenterへの対抗策として中小企業用の会計ソフト会社Intuitと提携してAdSense/Adwordsを同社の会計ソフトQuickbookから購買できるようにしたりといったことを推し進めている。

 そのような中、Google CEO Eric Schmidt氏がAppleの役員となった(注1)ということは、Googleが提携戦略をさらに押し進めていることを象徴している。人気のiTunesやAppleのブラウザでの検索にGoogleが使われるかとか、iTunesで広告入りの無料テレビ番組やビデオのダウンロードを始め、その広告プラットフォームとしてAdSenseが使われるのでは、というような予想がされている。そして、提携の意味を表すような話がいま出てきている。それは、YouTubeへの対抗戦略であるのかも知れない。

 先々週のAppleの「It’s Showtime」でCEO Steve Jobs氏は新しいiPod NanoやiTunes 7などを紹介した。それと同時に、iTunesと同じようなサービスをリビングのテレビ画面に持ち込むTVセットトップボックス iTVを発表した。さらに、2007年第一四半期に発売されるiTVにGoogle Videoがサービスとして搭載されるという話がBBC Newsなどでレポートされている注2)。Google Videoは、テレビ局などからのコンテンツも入りつつ、ビデオ共有機能も付いておりそれがリビングのテレビにもやってくる可能性が出てきたということだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新たな競争が巻き起こる予感

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
織田浩一の近未来マーケティングガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

織田 浩一(オリタ コウイチ)

デジタルメディアストラテジーズ社代表、アドイノベーター編集長。 広告・メディアビジネスコンサルタント。米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービス、記事執筆、講演を行っている。最近では有力ブログをネットワークするAgile Media Networkの立ち上げに関与した。監修書に「テレビCM崩壊~マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2....

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/10/02 12:00 https://markezine.jp/article/detail/236

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング