SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

【モバイルリサーチ】モバイル検索サービスの利用率はYahoo!モバイルがリード

 Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアリサーチ と共同調査のもと、クロスメディアにおけるモバイル利用についてについて実態調査を行った。

調査概要/調査トピック

 

 【調査概要】
調査対象:15歳~49歳のモバイルユーザー345人
男女比:男性173人、女性172人の割り付け
キャリア比:Docomo 55.7% Ezweb 34.5% Softbank 9.9%
年齢比:10代 20.6%、20代 26.7%、30代 33.6%、40代 19.1%
調査期間:2007年11月22日~2007年11月27日
調査方法:モバイルリサーチ
調査機関:ネットエイジア株式会社

 

 【調査結果のトピック】

・モバイル検索サービスを約36%のユーザーが週に一度利用
・QRコード利用した際のメディアの利用率は雑誌が断トツの約75%
・モバイル検索サービスの普及はキャリアに影響する  

モバイル上での情報収集のやり方は?

 モバイルでの情報探索の方法としては、どの方法も大きな違いは見られなかった。ただ、週一回以上の項目では差が見られ、検索サービスが約35%で最も高く、メニューリストで約25%、空メールで約20%と続いた。

 モバイルSEM広告市場は年々拡大しており、少なくとも今後3年間は拡大していく予想が野村證券金融経済研究所から報告されている(参照:野村證券金融経済研究所 2005年調べ)。 この市場が伸びる背景には、勝手サイトが大量に作られる時代になってきていることがあげられる。このリサーチ結果より、「週に1回以上の頻度」ではモバイル検索の利用が高い。そのため今後、クロスメディアにおけるモバイルでもリスティング広告やSEOなどの検索エンジン周辺のソリューションニーズが高まることが考えれる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
QRコードを利用したメディアは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング