SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACの媒体社向け統合プラットフォーム、ヘッダー・ビディングに対応開始

 DACは、同社提供の媒体社向け統合プラットフォーム「FlexOne HARRIER」が、アドサーバーの処理の前に複数のRTB取引を行う「ヘッダー・ビディング(Header Bidding)」に正式対応することを発表した。

ヘッダー・ビディング
ヘッダー・ビディング

 DACのコンサルティングチームは、ホリスティック・イールド(※)の選択肢にヘッダー・ビディングを加えた提案を行う。これにより、媒体社にとって透明性の高いRTB取引を実現させ、さらに、広告単価の決定権を持つことで、広告収益の最大化をサポートする。

 欧米のデジタル広告マーケットでは、グローバル・プラットフォーマーが広告価格の決定を主導する傾向にある。この状況を危惧する媒体社のなかには、ヘッダー・ビディングなどの、取引の透明性が高く、収益性の高いソリューションを用いることで、プラットフォーマーに傾いている価格決定権に公平性を取り戻そうとする動き見られる。日本でも、適正な広告単価および透明性の高い広告取引の推進が媒体社の課題となっている。

 今回の発表は課題解決取り組みの一環。今後同社は、加えて、「FlexOne HARRIER」と、グローバルRTB接続サービス「BidSwitch」を連携させ、透明性と収益性を保ちながら、ヘッダー・ビディングで増加が想定される運用負荷の大幅軽減を目指す。

※ホリスティック・イールド(Holistic Yield):純広告とRTBを含めた全ての在庫の収益を総体的(ホリスティック)に最適化することで、純広告に必要な在庫は確保しつつ、全体在庫に対する収益を最大化する仕組み。

【関連記事】
DAC、Yummy Japan、ホットリンクの3社が業務提携~中国向け動画プロモーションで訪日推進
DACと博報堂が連携、LINE公式アカウント上で自動応答アンケート調査などが可能に
DAC、Near社のロケーションデータプラットフォームと連携開始~スマホアプリの位置情報活用へ
DAC、縦型動画プロモーション支援サービス「タテグミ」の提供を開始
DAC、潜在層へのリーチ可能なターゲティング広告配信システムに関する特許を取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング