SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ALBERT、人工知能関連事業強化を目的に 電気通信大学と共同研究を開始

 ALBERTは、2016年より、人工知能関連事業強化を目的に電気通信大学との共同研究を開始した。同社では、人工知能の機械学習手法であるディープラーニングを活用し、人手を介さずに大量の画像に対して自動的にタグ付けを行なうシステムを開発している。

 今回、人工知能関連事業強化を目的に、電気通信大学大学院情報理工学研究科、柏原昭博研究室と機械学習を活用した新しい学習システム分野での共同研究を開始した。

 ALBERTでは、取締役会長の山川義介が、電気通信大学産学官連携センター客員教授を務めているが、今後さらに同大学との連携を強化し、“分析力”と“システム開発力”を強みとするデータサイエンティスト集団として、市場のニーズに耳を傾け、人工知能やビッグデータ領域における最適なソリューションの提供を目指す。

【関連記事】
京都大学と不満買取センター、自然言語処理技術を応用したマーケティング支援サービスを共同開発
CA、慶応義塾大学と動画広告領域の共同研究を開始~第一弾はTVCM非接触層の生活実態調査
エム・データとライフログ総合研究所、テレビビッグデータ分析サービス「TV Rank」正式リリース
マクロミル、早稲田大学データサイエンス研究所と共同研究を開始
統計数理研究所×SAS、ビッグデータ分析の研究基盤「ビッグデータ イノベーションラボ」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/03 18:54 https://markezine.jp/article/detail/23860

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング