SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

App Annie、「User Segment」機能公開~性別・年齢・重複利用アプリ別の分析が可能に

 App Annieは、同社が提供する法人向け有料製品「App Annie Intelligence」において、「User Segment」機能をリリースした。これにより、各アプリの利用状況データをユーザーの性別、年齢、重複利用アプリ別に分析できるようになった。なお、利用状況データにはアクティブユーザー数、普及率、起動率、セッション時間、データ消費量などが含まれる。

 モバイルアプリ市場は進化を続けているが、これまでアプリのユーザーを深く分析する方法が存在しておらず、自社アプリのユーザー属性や競合アプリをどのように利用しているのか、他にどのようなアプリを使っているのかを把握できなかった。

 今回のアップデートにより、プロダクト開発の担当者はユーザーについての深いインサイトに基づいたアプリの設計・開発が、ユーザー獲得の担当者はユーザーセグメントの精査や、競合の調査によるキャンペーン最適化が、ブランド担当者や広告代理店はデータに基づいた広告出稿先の選定が可能となる。

【関連記事】
メッセージングアプリは動画マーケティングの新領域に【アンルーリー2016年動画広告トレンド予測】
LINE社、アプリ世界収益ランキング1位に/2015年は配車アプリなど躍進【App Annie調査】
FULLER、アプリ利用動向分析ツール「App Ape Analytics」に比較機能を追加
2015年スマホアプリ利用者数1位は「LINE」/「メルカリ」利用者は3倍に【ニールセン調査】
7割が「アプリ版誘導広告」に抵抗/「ミスクリックの誘発」が大きな理由に【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/18 08:30 https://markezine.jp/article/detail/23932

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング