SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドミノ・ピザ エンタープライズ、世界初の商業用自動運転デリバリーロボットを発表「DRU」発表

 ドミノ・ピザ ジャパンの親会社であるドミノ・ピザ エンタープライズ(以下、DPE)は、商業用自動運転デリバリーロボット「Domino’s Robotic Unit」通称「DRU(ドリュー)」を発表した。DRUは、出来たてのアツアツのピザと冷たいドリンクを届けるためのキャリーボックスを装備した高さ922mm(最大約1,185mm)、車幅740mm、奥行き1,030mm、重量約190kg四輪のロボット。目的地に到着後、購入者が商品注文時にメールで受け取ったコードを入力すると、DRU上部のキャリーボックスが自動で持ち上がり、商品を取り出すことができる。

 充電バッテリーで動き、スタート地点から目的地まで最適なルートを選び歩道を走行し、現在は約20km先まで配達が可能。走行スピードは、環境の速度に合わせて制御できる。また、車内センサーで道中の障害物を特定し、必要に応じて避けられる。

 DRUは、「お客様のためになにができるのか」を追求していく中で生まれた、新しいソリューション。DPEは同ロボットにより、デリバリーの効率化の他、顧客の提供価値の向上を目指す。

 なお、既にオーストラリア・クイーンズランド州の一部エリアで試運転が行われており、今後様々なエリアでの商業利用も視野に入れられている。日本での展開については現時点では未定だが、ドミノ・ピザ ジャパンは「自動運転デリバリーロボットがアツアツのピザを直接お客様の手に届ける未来は、考えているほど遠くはないのかもしれません。」としている。

【関連記事】
ドミノ・ピザ、LINE経由の売上が公開から4か月で1億円突破
ドミノ・ピザ、スマートウォッチでの注文が可能に
子どものまなざしをスクリーンの中から現実世界に引き戻す、「タブレットボット・TABO」登場
M-SOLUTIONSとパソナテックが協業、Pepperのロボアプリ開発目指す
トヨタ、マサチューセッツ工科大・スタンフォード大と研究センター設立~クルマ等へAI応用目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング