SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

はじめてのニコニコ生放送は中断、プレゼントのお知らせを聞いたユーザーは1人もいなかった…

 12月25日の夜8時から始まった、ニコニコ動画初の生放送「生対談!!ひろゆきと戀塚のニコニコを作った人」は、アクセス過多のため、あえなく放送後半で中断。翌26日、放送中断による未公開部分を含めた完全版が前編と後編に分けて公開された。

 開発者の戀塚昭彦氏は、話題のサービスを短期間に開発したこと、氏自身も開発する時間を惜しんでニコニコ動画を楽しんでいることから知名度が急上昇。メディアや講演会などに登場する機会も増えていたが、今回はニコニコ動画を運営するニワンゴ取締役のひろゆき氏との生対談とあって注目を集めていた。

 ニコニコ動画は、動画再生画面にコメント字幕を投稿し、字幕付きで動画を再生することによって、テレビのように同じ時間に見ていなくても動画に対する突っ込みを共有できる「非同期コミュニケーション」の要素を取り込んだサービスとして知られている。今回は、あえて生放送に挑戦。リアルタイムに投稿されるコメントに対して、出演者の2人がリアルタイムでコメントを返す試みを行った。

 しかし、番組後半にトラブルが発生。番組の最後に発表されたプレゼントのお知らせをリアルタイムで聞いた利用者はいなかったようだ。ニコニコ動画の情報ページ「ニコニコニュース」によると、プレゼントのお知らせはあらためてニコニコニュースで紹介するとのこと。

【関連リンク】
ひろゆき氏と開発スタッフによる 今だから話せる「ニコニコ動画」開発秘話
「ニコニコ動画」で、2大新サービスよりも人気だったのは「時報CM」の初音ミクフィギュアだった?
ひろゆき氏とあの開発者が語る、「ニコニコ動画」初の生放送は今夜8時
ホラーなアイス顔を作る美女!「アイスに顔を作り隊」管理人、鈴木恵子さんにマジ惚れ♪
年末年始にオトナ買いするマンガ情報を生放送「ブックオフまんがチャンネル」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング