MarkeZine(マーケジン)

記事種別

今年最も流行した単位は「ギガ」、最も印象的なニュースは「脳内メーカー」【2007年ネット業界の流行調査】

2007/12/27 12:55

 インターネット関連企業に勤める20~30代の男女400名を対象に行われた調査では、ネット事情に詳しい人にしかわからない通な質問も多数含まれている。

 発表された資料によると、「今年、あなたの周りで流行したインターネット関連用語は?」という質問では、1位「YouTube」75.0%、2位「Wikipedia」46.0%、3位「ネットカフェ難民」42.5%がトップ3を占めたほか、いまや懐かしい響きもある「Web2.0」、「炎上」、「Vista」がそれに続いた。また「Google Analytics」や「バズマーケティング」、「kizasi」など、ネットマーケティング関連用語も挙がっている。

 「今年インターネット関連で最も印象に残っているニュース」については、1位「脳内メーカーの流行」、2位「Windows Vista発売」、3位「GoogleがYouTubeを買収」となり、脳内メーカー人気がいかにすごいものだったかをうかがわせる。また、「今年最も流行したインターネット関連グッズ」については、1位「ワンセグ携帯」、2位「iPod touch」、3位「Windows Vista」となったほか、iPhoneの発売やニコニコ動画や初音ミク人気もあがっている。

 また、「最もよく流行したデジタル単位は?」という質問に対しては、1位「ギガ」、2位「テラ」、3位「メガ」という結果に。今年はこうした単位が、「メガマック」や「ギガ丼」「テラ丼」などの商品名にも使われたのは記憶に新しい。本調査ではこのほかにも、「あなたの周りでよく聞かれたインターネット関連の英単語は?」など、さまざまな質問と回答が紹介されている。

【関連リンク】
【アンケート調査】「脳内メーカー」が流行ったワケとは?
脳内メーカーで乙女のハートを診断?「ハートメーカー」オープン
「先輩が薦める企業ランキング 2007」、1位は日本コムシス
「釣りパラダイス!」が「初音ミク」ワールドに一変!
インターネット「真価」論(前編)~ネットクチコミでバカ売れの“ウソ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5