SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通・クラウディアン等5社、ディープラーニングを活用したOOHのターゲティング実用化を目指す

 電通、クラウディアン、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanは、インテルの協力のもと、屋外広告実証実験プロジェクト(略称:OOHプロジェクト)を発足させ、ディープラーニングを活用した屋外広告の実証実験に取り組んでいく。

ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ
ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ

 その第1段として、屋外設置ビデオカメラの映像からリアルタイムに通行状況を判別し、道路沿いのデジタルサイネージに適切な広告を表示する実証実験を東京都内で行う。

 OOHプロジェクトは、屋外広告におけるターゲティング広告の実用化を目指すもの。ターゲティング広告が難しいといわれてきた屋外デジタルサイネージにおいて、人工知能(AI)によるディープラーニングと、IoTが集める膨大な映像情報および属性情報、高速にビッグデータを保存・分析するソフトウェア技術、ハードウェアを最適に組み合わせることで、常に移動するターゲットの属性に合わせたリアルタイムでの屋外広告表示を実現させる。

 今後5社では、自動車向けのターゲティング広告に加え、ショッピングモールや観光地での行動アトリビュート連動広告、人(消費者)の行動分析に基づく新しいリアルタイム広告のあり方などについての実証実験も行っていく予定。

【関連記事】
PARTY、ディープラーニング技術用いた画像解析APIの提供開始~第1弾は顔の美しさを数値化
ALBERT、アクセンチュアとの協業を発表~人工知能活用したソリューション開発へ
AI動画広告「App-CM」が大幅アップデート~DMP連携したターゲティング等が可能に
DSP『Logicad』、「オーディエンスターゲティング」のエンジンに人工知能を採用
博報堂、Nearら4社、屋外行動データを活用したメディアサービスの共同開発を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/21 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24326

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング