SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

半数以上が「60代は新たな出発の時期」と認識/博報堂生活総合研究所「シルバー30年変化」発表

 博報堂生活総合研究所は、1986年から30年間にわたり60~74歳を対象にほぼ同じ質問内容の調査を続けてきた(1986年、1996年、2006年、2016年の4時点で実査)。この30年間で日本は急速に高齢化が進み、特にこの10年では、団塊世代が高齢期を迎え、平均寿命が男女ともに80歳を超えるなど「高齢社会」を取り巻く環境は激変している。同研究所は高齢者の30年間の変化を調査し、結果を発表した。

60歳を超えても、まだまだ長く生きる自覚がある

 「あなたは何歳まで生きたいと思いますか?」という質問では、1986年からの30年間で4歳延びて、84歳となった。また、「あなたの気持ちは何歳くらいだと思いますか」と尋ねたところ、2016年の平均は53歳で、実年齢との差は-14歳だった。体力年齢や見た目年齢について尋ねたところ、それぞれ実年齢よりも-7歳、-5歳という結果に。いずれも実年齢を-5歳以上下回っており、まだまだ若いことを自覚している高齢者の意識が見受けられる(※これら質問は2016年のみ調査)。

 自分の身体や気持ちの状態についてどう感じるかという質問を、年齢で比較したところ、「自分は、体力もあるし気持ちも若い」と答える人の割合は、団塊世代が大半を占める65~69歳が圧倒。実年齢は団塊世代よりも若い60~64歳と比べても、団塊世代のほうが意識の上では若いことが如実に。過去30年の結果と比べても突出しており、常に時代をけん引してきた勢いが表れている。「健康診断や予防のための医療費に、なるべくお金をかけていきたい」という人の割合も、団塊世代がほかの世代を上回っており、体力や若さを維持することにも関心が高い世代と言えそうだ。

半数以上の人が、60代を新たな出発の時期と捉えている

 「あなたにとって60代とは人生のどんな時期にあたりますか」という質問では、「再出発の時」と答える人が大幅に伸び、2016年に半数を上回った。一方、60代を「解放の時期」だと捉える人は、2006年まで増加傾向にありましたが、一転してこの10年で減少している。

 希望寿命も長く、気持ちも若い現代の高齢者は、老後が長期化することを自覚している。そのため、彼らにとって60代は、あらゆることが終わりに向かう「解放の時」ではなく。これからの長い人生の新たな一歩を踏み出す「再出発の時」に変わっているようだ。

生活の見通しは暗い

 希望寿命も長く、気持ちも若い60代だが、先の見通しは決して明るくないようだ。先の見通しは明るいか、暗いかを尋ねた二拓のして右門では、約半数が「先の見通しは暗い」と回答。30年間で15ポイント増えた。1か月のお小遣いも、30年前以下の水準に。2006年から2016年の10年間で今度は約5,000円減少し、30年前を下回った。

 さらには、欲しいものを尋ねた選択式の質問では、この30年間で「お金」と「幸せ」が逆転。老後が長期化し、生活の見通しが暗い状況で、情緒的な「幸せ」よりも現実的な「お金」を求める切実な気持ちがうかがえる。

【調査概要(2016年)】
調査手法:訪問留置自記入法
調査期間:2016年2月24日~3月22日
調査対象:60~74歳の男女
調査地域:首都40km圏
企画分析:博報堂 博報堂生活総合研究所
実施集計:東京サーベイ・リサーチ
調査人数:首都圏700人

【関連記事】
40代~60代の4割「シニア向け商品に魅力感じない」【MMD研究所調査】
DNP、シニア層の食卓データ提供サービスを拡充~「食MAP」のモニターに65~69歳を追加
定年退職後も仕事を継続する人が多数派に【電通総研「シニアx働く」調査】
60歳以上のシニア層のスマホ所有率は約3割【MMD研究所調査】
ミドル・シニア世代の趣味、男性の方が使う金額は多い【SBIアラプロモ調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/24 13:00 https://markezine.jp/article/detail/24662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング