SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Salesforce Pardot」、カスタマージャーニーを視覚的に管理できる新機能を追加

 セールスフォース・ドットコムは、B2Bマーケティングオートメーションツール(以下、MAツール)「Salesforce Pardot」において新機能「Pardot Engagement Studio」の提供を開始した。同機能によってB2B企業のマーケターは、一つの画面上でOne to Oneのカスタマージャーニーの構築、ビジュアル化、効果検証、パフォーマンス測定を行うことが可能となる。

Pardot Engagement Studioの画面
Pardot Engagement Studioの画面(デモの様子)

 同社がB2B向けのMAツールの提供を開始したのは2015年。営業支援ツール(以下、SFAツール)を提供してきた同社がB2B向けMAまで範囲を広げた背景には、購買行動の変化がある。モバイルやソーシャルが普及し、顧客は購買意思を固めてから企業へ問い合わせをするようになってきた。その結果、B2B企業の営業活動が大きく後ろに倒れ、従来のSFAツールだけでは価格競争でしか対応できなくなりつつある。

営業活動の変化
営業活動の変化

 そこで、同社はSFAとMAを組み合わせることで、リードジェネレーションおよびナーチャリングから顧客購買プロセスをカバーできるようにした。だが、MAツールを使用するなかでメールキャンペーンやイベント、広告出稿などのマーケティング活動は個別に管理されていたため、複雑なジャーニーの設計や最適化に課題が出てきた。

 今回の新機能は、それらを一つの画面で=コマンドセンターで管理できるようにしたもの。複雑なカスタマージャーニーを視覚的に設計できるため、どのURLを踏むとどのようなシナリオが走るか、といった管理を今まで以上に容易に行うことができるようになる。事前にシミュレーションも可能なため、B2Bマーケターは効果検証を通して、施策の最適化を図ることができる。

【関連記事】
「BtoBサイトランキング」、1位はオムロンに【ブランド戦略研究所調査】
MAを導入したBtoB企業の6割が効果を実感/7割が費用対効果を把握できていない【シャノン調査】
電通、BtoB領域専門のグローバルブランド「インタープライズ」を新設
ソフトバンクテクノロジー、B2B向け営業プロセス最適化サービス「Visitor Insight」提供
Amazon、「BtoB(法人向け・業務用)商材ページ」を開設~様々なカテゴリーのアイテムを集約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/28 13:30 https://markezine.jp/article/detail/24686

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング