SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマートフォンで利用されているECは?/Amazon、楽天は利用者数3,000万超【ニールセン調査】

 視聴行動分析サービスを提供するニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年5月データをもとに、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析し結果を発表した。

スマートフォン利用率とともに伸長

 2016年5月時点でスマートフォンからのEコマース関連サービスを利用しているユーザーは4,857万人(対前年同月比15%増)であることがわかった。これはスマートフォン利用者全体の伸び(14%)と同程度となっていた。

Amazon、楽天市場がともに3,000万人を超える利用者数

 利用者数の上位5サービスを調べたところ、1位は「Amazon」、2位が「楽天市場」となり、両サービスともに利用者数が3,000万人を超えていた。3位には1,876万人でYahoo!ショッピングがランクインした。

 4位以下のサービスは利用者数が1,000万人以下となり、カタログ通販の大手「ニッセン」が4位に、5位には2015年11月にサービスを開始した「オムニ7」がランクインしていました。「オムニ7」はサービス開始から半年が経過しているのに対し、月間利用者数700万人超を獲得するまでに伸びている。

上位のEコマースはアプリ利用者数も大きく増加

 次に、上位3サービスにフォーカスしてアプリの利用状況を見てみると、各サービスとも利用者数の増加が目立った。特にYahooショッピングアプリの利用者は前年同月から約3倍の増加となった。

【関連記事】
ニールセン、スポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社「REPUCOM」 を買収
Twitter利用者率が高いアプリ1位、ゲーム「ラブライブ」、買い物「ミンネ」【ニールセン調査】
有料ネット動画の利用率は1割程度/約5割が「スキップできる動画広告」を許容【ニールセン調査】
スマホの利用増加率は鈍化/利用者500万人超のサービスはPCの2倍【ニールセン調査】
「comico」「pixiv」「@wiki」の利用構成比、7割が18~34歳【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング