SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、台湾のデジタルマーケティング会社を子会社化

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、台湾のデジタルマーケティング・エージェンシーである「WIS Performance Media Inc.」(以下、WIS社)の株式100%を取得し、グループ傘下に収めた。

 2005年に設立されたWIS社は、台湾のSEM市場のおよそ6割を占める中小零細事業者の需要に対して、パフォーマンスマーケティング領域のサービスを提供し、急成長してきた。100名の従業員を抱える同社は、台湾でサーチエンジン会社上位2社の広告枠を販売できる権利「公認リセラーステータス」を保有している。

 電通は、株式取得後WIS社を電通グループの9つのグローバルネットワーク・ブランドの1つであるiProspect(アイプロスペクト)の台湾拠点と合併させる。これにより、電通グループの台湾におけるビジネス基盤をさらに強固なものとし、パフォーマンスマーケティング領域に強みを持つiProspect台湾のビジネス規模も倍増する。

 今後、WIS社はブランド呼称を「iProspect WIS」とし、電通グループ各社との連携を図りながら、台湾のデジタル領域での成長戦略を加速させていく。

【関連記事】
GMO TECH、インバウンドおよび越境EC向けサービス「AsiAD byGMO」をリリース
ソネット・メディア・ネットワークス、初の海外現地法人を台湾に設立
OPT SEA、タイのチケットプラットフォームEvent Pop社と提携~事業拡大に向けサポート
マインドパレット、アジアの人気YouTuberを起用した動画制作行う「A-MOVEMENT」リリース
ロイヤリティ マーケティング、訪日台湾人向けにPonta提携店舗で使えるポイントサービスリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/19 09:00 https://markezine.jp/article/detail/24828

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング