MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYデジタルで活躍する人材に聞く、デジタルで求められる仕事術

2016/09/05 08:00

 博報堂DYグループのデジタルビジネスを推進する目的で発足した、博報堂DYデジタル。同社で現在活躍しているプロデュース本部の布山麗央氏とメディア・ソリューション本部の小杉祐美子氏に、デジタルで求められる仕事の進め方、またその実行を可能にする同社の組織体制について聞いた。

デジタル未経験?英文科出身?意外なバックグラウンド

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回は、博報堂DYグループのデジタル部門の中核会社として発足した博報堂DYデジタルで活躍されているお二人のキャリアや現場の魅力などを伺います。まず、それぞれの経歴についてお話しいただけますか?

博報堂DYデジタルのお2人
(左)株式会社博報堂DYデジタル メディア・ソリューション本部 メディアユニット
メディア企画グループ プラナー 小杉祐美子氏
(右)同社 プロデュース本部 プロデュースユニット 第四プロデュースグループ グループリーダー 布山麗央氏

布山:私は、グラフィックや映像の制作会社で、5年ほど制作進行を経験してから当社の前身である博報堂DYインターソリューションズに入社しました。

 しかし、入社当時はWebに関しては素人同然で「Flash? HTML?」というレベルだったので、よく採用されたなと未だに思っています(笑)。入社後はアカウントプロデュース、いわゆる制作領域のプロデューサーというポジションでした。その内に、博報堂に常駐してデジタルプロモーションの企画制作やオウンドメディアの戦略立案・制作進行などデジタルに関わる幅広いプロデュースをクライアントと直接向き合いながら、経験してきました。

 現在は、グループリーダーとして部下のマネジメントも行いつつ、引き続き様々なクライアントを担当しています。

小杉:私は、大学時代に広告会社の方が講師をされた授業で広告コミュニケーションの仕事を知り、「絶対に広告業界に入る」と決めました。学科は英文科だったのですが、グラフィックデザインをダブルスクールで学んでデザイナーのスキルを身につけ、制作会社のグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートしました。

 その後、転職を重ねながら、WebデザイナーやWebプラナーを経て、現在はコミュニケーションプラナーとしてデジタル領域を軸にそれ以外の様々なメディアも活用したコミュニケーション全体の設計を行っています。

圧倒的な効果を生んだ、SNSとCMの粋な掛け合わせ方

MZ:お二人ともにデジタルを軸にしつつも、他のメディアに関する経験もお持ちなのですね。これまでに担当された案件で印象に残っているものはありますか。

布山:最近でいくと、とあるブランドのソーシャルメディア(以下、SNS)アカウントの立ち上げ・運用プロデュースを担当したクライアントの製品リニューアル時に行った広告プロモーションに関する案件です。この案件では、リニューアルに合わせてCMキャスティングしたタレントさんのSNSアカウントをCMより先行して立ち上げ、CMの内容と連動する形で運用することで話題を集めた後にCMがONAIRされる、という設計でした。

 起用したタレントさんのSNS上での影響力の大きさをうまく活かし、結果として想定していたよりもさらに大きな反響を集め、リニューアルに大きく貢献できた案件となり、クライアントからも高い評価をいただけました。

 このプロモーションの設計上、先行するSNSアカウントの運用はかなり重要なポジションなので、クリエイティブディレクター、プラナーとも打ち合わせを重ね、社内のソーシャルマーケティングのチームとも連携し、話題を最大化するには、実際どのようにアカウントを開設し運用していくべきかを徹底的に考え抜きましたね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5