SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアド・インバウンド・マーケティング、社名変更~東南アジアの現地プロモーション対応強化へ

 マイクロアドの関連会社であるマイクロアド・インバウンド・マーケティングは、業務拡大により2016年10月1日より社名を「株式会社マイクロアド・クロスボーダー・マーケティング」へと変更した。

 2015年1月の設立以来、マイクロアド・インバウンド・マーケティングでは、マイクロアドが持つアジア12カ国の現地法人で培ってきたソリューションの知見を活かし、インバウンド市場の活性化を目的としたサービスを拡充してきた。

 しかし、昨今の訪日外国人(インバウンド)需要は、2015年をピークとした“爆買い”という現象が終息しつつある。そこで同社は顧客ニーズが高まっている東南アジアへの広告活動、現地でのプロモーション実施の対応を強化していくため、今回の社名変更に至った。

【関連記事】
マイクロアド子会社、製造業従事者に特化したターゲティング広告「FOCUS-M」をリリース
マイクロアドベトナム、アジア向け開発拠点を設立~アジア圏広告主の支援強化へ
THECOO、Gushcloudと業務提携~東南アジアのインフルエンサーのキャスティング強化へ
ジーニー、メディアの収益を平均69%向上させるサービス提供するAdPushupと業務提携
GMO TECH、インバウンドおよび越境EC向けサービス「AsiAD byGMO」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/04 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25337

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング