SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セガネットワークスとShowcase Gig、AIチャットボット活用した体験型広告を提供開始

 セガゲームス セガネットワークス カンパニー(以下、セガネットワークス)と、Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、エンタテイメント情報提供メディア「rooVeR(ルーバー)」の本格的な提供開始に合わせて、AIチャットボットを活用したスマートフォンユーザー向け体験型広告の販売を開始した。

「銀のさらハロウィン企画」キャンペーン
「銀のさらハロウィン企画」キャンペーン

 第一弾として、宅配寿司「銀のさら」が同広告を採用。「rooVeR」にてキャンペーンを開始した。同キャンペーンでは「銀のさら」のキャラクターである「銀さん」がサービス利用者にチャット形式でクイズを出題し、人気のすしネタを当てた利用者にはrooVeRポイントをプレゼントする。AIチャットボットによる「銀さん」とは、まるで実際に会話している様にコミカルなやり取りを楽しむことが可能。

 「rooVeR」は、Showcase Gigの持つAIエンジン「O:der Cognis(オーダー コグニス)」を活用し、メディア内での記事閲覧傾向や診断コンテンツの結果をもとに、各利用者の趣味・嗜好に合ったエンタテイメント情報をレコメンドする機能をする。

エンタテイメント・マーケティングプラットフォーム「rooVeR」
エンタテイメント・マーケティングプラットフォーム「rooVeR」

 また、同サービス利用者へのwebを通した商品サンプリングや、実店舗で利用可能なクーポン、およびポイント(rooVeRポイント)の提供など、広告クライアントに対してスマートフォンユーザーに特化したマーケティングサービスをご提供する。

 同メディアの本格的な提供開始に合わせ、AI(人工知能)によるチャットボットの技術を活用したエンタテイメント性のある体験型広告の機能を新たに搭載し、販売を開始した。

【関連記事】
ガイアックス子会社、有人対応とBot対応でチャットサポート行う「hitobo」リリース
三井不動産レジデンシャル、LINE上でAIによる自動応答を開始
パン田一郎が賢くなりました!LINE公式アカウントにAI技術を導入、会話の記憶可能に
LINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」が女子高生AIのテクノロジを本格活用
電通とハロイド、O2O2Oスキームを共同で企画・開発~テレビCMきっかけに店舗誘導促す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/20 11:30 https://markezine.jp/article/detail/25450

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング