SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

“その場”“その時”の感情や気持ちを計測する、楽天リサーチ「Real Timeアンケート」とは?

 デジタルマーケティングの強みは、ユーザーの行動履歴をデータとして取得しやすいことにあるが、デジタル上ですべてのデータを取得できるわけではない。たとえば、ユーザーがランディングページに到達した瞬間の感情そのものは、前後の遷移から推測はできてもデータには残らない。楽天リサーチは、そのリアルタイム性に着目。新アンケートサービス「Real Timeアンケート」を立ち上げ、好評を呼んでいる。

アクセスログベースで展開する、楽天リサーチの3つの調査方法

 楽天リサーチは、年間で国内約1,000社の企業・団体を支援している調査会社だ。同社は、アクセスログの活用から生まれた「楽天アクセスログ・リサーチ」と呼ばれるサービスをリリースし、リサーチ手法に新たな風を呼び込もうとしている。

 「楽天アクセスログ・リサーチ」を構成するサービスは3つ。1つ目が、計測タグを設置し、当該サイトやネット広告の接触ユーザーに対してクッキー情報をもとに後追いアンケートを実施する「Web Tracking Panel」(アクセスログモニター数は2016年4月時点で約84万人)。

 2つ目が、Webサイトへの来訪ユーザーにアンケートを行う「Real Timeアンケート」。ユーザーが該当ページに来訪したタイミングでリアルタイム調査ができる。後ほど詳述するが、アクセス解析事業を展開するサードパーティートラストと提携し生まれた新サービスだ。

 3つ目が、楽天リサーチのモニターデータやアンケートを組み合わせ、Webサイト訪問前後の行動を可視化するサービス「Web Log分析」。蓄積済みのデータを活用するため、即時の分析や調査を強みとする。

 今回は、2つ目の「Real Timeアンケート」に焦点を当て、リアルタイム調査を実例とともに見ていく。2010年にサービスを開始した、一般ユーザーが公開するレシピサービス「楽天レシピ」でReal Timeアンケートを導入したところ、顕著な成果をあげたという。

左から楽天株式会社 アドソリューションズ事業 レシピグループ 蔵川弓子氏、楽天リサーチ株式会社 営業企画部 毛利光太郎氏、株式会社サードパーティートラスト 代表取締役 上村謙輔氏
左から楽天株式会社 アドソリューションズ事業 レシピグループ 蔵川弓子氏
楽天リサーチ株式会社 営業企画部 毛利光太郎氏、株式会社サードパーティートラスト 代表取締役 上村謙輔氏

低コスト、短期間でのリアルタイム調査ができる強み

 楽天レシピは、料理レシピサイトとして月間約900万人が利用するサービスだ。一般ユーザーから寄せられたレシピ数は121万件(2016年11月現在)。人気レシピのランキングも会員登録不要・無料で情報公開している。

 楽天レシピが、Real Timeアンケートを導入したのは、低コストかつ短期間でリアルタイム調査ができる即時性があったからだという。レシピコンテストにおける参加ユーザーの属性や、サイト訪問者の態度変容の把握が調査の目的だった。

 「楽天レシピでは、8カ月連続企画として、“3ダウンレシピコンテスト”を行っています。これは、文部科学省が10年後の理想とする社会を想定した“COI(center of innovation)STREAM”と呼ばれる国家的プロジェクトの一環で、弘前大学と連携しながら、高血圧予防など食を通じた健康作りの取り組みです」(蔵川氏)

「高血圧予防に3ダウンレシピ」
「高血圧予防に3ダウンレシピ」

 油(1Down)と砂糖(2Down)を抑制した料理だと、自然に塩分の摂り過ぎが防げる(3Down)という人間の摂理に基づいて、ユーザーから3ダウンとなるレシピを募っている。

 「元々レシピに投稿するユーザーは、全閲覧者の約1%です。3ダウンレシピコンテストにも毎月約200のレシピが寄せられますが、多くは投稿しない閲覧のみのユーザーです。閲覧だけのユーザーは、コンテストを支持してくれているのか? サイトを通して高血圧予防に対して関心を高めてくださっているのか? 本音を調査したかったのです」(蔵川氏)

 また、Real Timeアンケートを通じて、実際のユーザーの声、定性的な内容をそれぞれの組織で共有し、分析結果をより実感しやすくしたい狙いもあったという。通常、サイトの評価はPVやCVRといった指標で判断される。だが、日頃マーケティングに携わっていなければ、その数字が良いか悪いかピンと来づらい。

「Real Timeアンケート」の詳細をチェック!

 本記事で紹介した「Real Timeアンケート」のより詳しい説明や、楽天レシピが実施したアンケート回答者の属性などが収録された資料を公開しています。ぜひ、ご確認ください!ダウンロードはこちらから ※掲載終了しました

  2017年1月19日に楽天アクセスログ・リサーチセミナーも開催! 申し込みはこちら

次のページ
“その場”“その時”の感情や気持ちを計測したい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

遠藤 義浩(エンドウ ヨシヒロ)

 フリーランスの編集者/ライター。奈良県生まれ、東京都在住。雑誌『Web Designing』(マイナビ出版)の常駐編集者などを経てフリーに。Web、デジタルマーケティング分野の媒体での編集/執筆、オウンドメディアのコンテンツ制作などに携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/10 17:24 https://markezine.jp/article/detail/25582

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング