SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

素人デザインでも目を留めてもらえるテクニックとは? 『やってはいけないデザイン』の著者に訊いてみた

 マーケティングや広告の担当なのに、勉強したこともないデザインもやっている――こんな境遇で悩んでいる方は意外と多いかもしれません。プロでなくても「ダサくない」デザインをするには? 翔泳社が12月16日に刊行した『やってはいけないデザイン』の著者・平本久美子さんに訊きました。

自分でなんとか作らなければならないノンデザイナーのために

――『やってはいけないデザイン』は、プロではないのにデザインをしなくてはならない方のために、多数のサンプルを提示しながらダメなデザインを改善していくノウハウ集です。

 プロのデザイナーとして活躍されている平本さんのような方がいながら、なぜ本書のような素人のためのハウツーが必要だと思われたのでしょうか。

平本:私は5年前に横浜市から奈良県生駒市に移り住んだのですが、制作会社からの下請けがほとんどだったそれまでの仕事のスタイルが一変しました。地域で起業されている方や、市のイベント企画など、自分たちでデザインしてきたチラシやポスターをプロの手でリニューアルしたいという相談が増えたんです。

 その後、地域の方々を対象としたチラシ作り講座の講師を務める機会があり、本職はデザイナーではないけれど、自分たちでなんとか作らなければならない「ノンデザイナー」の方々のお悩みを知りました。

 ノンデザイナーの方はデザイナーを目指しているわけではないので、毎日デザインに触れるわけではありませんし、専門書をじっくり読んだり定期的にレッスンに通ったりする時間もありません。デザインの入門書は数多くありますが、プロのデザイナーを志している初心者向けの内容が多く「専門書を買ってみたけれど、ルールや専門用語が出てきて続かなかった」というお話もうかがいました。

 ですから、とにかく時間がない中で、ノンデザイナーでも手っ取り早くデザインを改善していける本があればと思ったのが本書執筆のきっかけです。自分の作ったデザインに納得がいかない方に、今までの作品に赤ペンを入れながら読んでいただきたい1冊です。

――MarkeZineの読者にとっても、普段の仕事でデザインは欠かせないものだと思いますが、その役割や必要性はどういうものですか?

平本:マーケティングは「商品やサービスを狙ったターゲットに届けるためのアイデア全般」だと理解しています。そのツールの一つである広告の目的もまったく同じです。そして広告におけるグラフィックデザインなどのクリエイティブの役割は「発信者と受信者を繋げること」。そのためには、狙ったターゲットに寄り添ったわかりやすいデザインが必要です。

自分のデザインをダサいと感じるのはギャップのせい

――デザインは評価基準が数字で表せないので、いいデザインや悪いデザインがどんなものか、プロでないとなかなか判断できません。いいデザインの条件とは何でしょうか。

平本優れたデザインとは「見る人にとって価値のあるもの」です。目が合うデザインと素通りしてしまうデザインの差は、そこに見る価値があるかどうかです。せっかく魅力的な商品やサービス・企画でも、デザインが未熟なことが原因でその価値を見出してもらうラインに到達できていないとすれば、とてももったいないことです。

 また、いいデザインは文字量が必要最低限まで削ぎ落とされ、物事を端的に伝えています。「デザイン」は色や形など見た目のことだけと思われがちですが、思うように作れない原因がテキスト原稿そのものにある場合もあります。特に、思いを詰め込みすぎて文章だらけになってしまって本末転倒に……というケースはよく見かけます。本書では、長文になってしまったときの処理や、効果的なキャッチコピーの書き方など、テキスト作りのコツについてもご紹介しています。

――逆に、自分が作ったものがダサいかどうかは意外と感じ取れる気がします。ダサいと感じてしまうのはなぜなのでしょうか。

平本自分の作ったものが「ダサい」と感じてしまうのは、既存のデザインと比べたときのギャップから来るものだと思います。

 一見シンプルで簡単に作れそうなデザインでも、見よう見まねで作ってみたら同じようにならない。その理由は、プロの作ったデザインには細部まで見えない工夫が施されているからです。本書では、そんなデザイナーが日頃守っているルールやテクニックを、一つひとつご紹介しました。どれもとても地味なテクニックかもしれませんが、それらが積み重なることで段々とプロのデザインに近づくことができます。

やってはいけないデザイン

Amazon SEshop その他


やってはいけないデザイン

著者:平本久美子
発売日:2016年12月16日(金)
価格:1,944円(税込)

本書について

チラシ、ポスター、プレゼン資料、広報誌。知っているだけで仕上がりが大きく違ってくる知識とノウハウ。「レイアウトに迷う」「色が決まらない」「フォント選びに悩む」「かっこよく作れない」「素人くさい」など、お悩みを解決します。

次のページ
習得しておくといい感じに見せられるテクニック

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/13 12:45 https://markezine.jp/article/detail/25678

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング