MarkeZine(マーケジン)

記事種別

北海道の技術力から生まれた「Viewサーチ北海道」、風景写真による新しい観光ナビゲーションを実現

2008/02/05 12:15

 「Viewサーチ北海道」は、写真家27名の約20,000点におよぶ高品質な風景写真を、散歩を楽しむような感覚で検索・表示する。大量の画像を似た画像が近くに集まるように3D空間に配置したり、二次元マップに素早く展開する分類・表示方法によって、ユーザーが直感的・対話的に好みの写真を発見することができる。また、各々の写真の撮影エリアや撮影季節、周辺の観光情報、現地への交通アクセスや旅行情報など関連する情報を提供する。

気に入った写真は拡大表示したり、ブックマークすることができる。

 「Viewサーチ北海道」の開発は、データクラフトが経済産業省から平成19年度情報大航海プロジェクトとして委託を受け、北海道大学、ソフトフロント、北海道旅客鉄道、北海道新聞社、インテリジェント・リンクとともに組織した「Viewサーチ北海道コンソーシアム」によって、得意な技術を持ち寄るかたちで開発が進められたもの。

 「Viewサーチ北海道コンソーシアム」は、この技術を活かして、他の観光関連サイトの支援、北海道のブランディングへの貢献、さらには国外への展開も視野に入れ、観光ナビゲーションにとどまらない幅広い分野への応用を積極的に進めるとしている。

【関連リンク】
ノンデザイナーでも的確に写真が選べる、業界初のストックフォト感性検索システムをアマナが導入
“かわいい”と思う服が見つかる「感性検索」実施
次世代観光ガイドサービス「次ドコ」実証実験、JTBとドコモが2008年に実施
世界初の試み「Google Earth内にニュージーランド政府観光局のオフィシャルレイヤー登録」
【最新レポート】旅行先を決めるのはSNSそれともブログ? 観光とCGMの相性を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5