SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、朝日新聞社、集英社の3社がコンテンツマーケティング支援を開始 ブランドリフトを促進

 DAC、朝日新聞社、集英社は、2017年1月から本格稼働を始めたラグジュアリーメディア「T JAPAN web」の新サービスとして、5月10日から「TJ BRAND STUDIO」の提供を開始した。

 新サービスにおいて3社は、デジタル領域における企業のブランディング手法として、コンテンツによるブランドリフトを促進する「コンテンツマーケティング」を提供する。

 具体的にはDACのテクノロジーを活用し、「T JAPAN web」や「朝日新聞デジタル」、広告主のオウンドメディア、ソーシャルメディアなどに高品質なブランドコンテンツを最適なタイミングで配信する。「T JAPAN web」のメディアブランドに共感するファンや、高感度なインフルエンサーへコンテンツを届けることで、潜在顧客への拡散も期待できる。

 これらの施策をソーシャルモニタリングツールやトラッキングツールを活用してレポートし、PDCAサイクルを生み出し、企業のブランディングに貢献する。

 また、「TJ BRAND STUDIO」のクリエイティブディレクターには、T JAPAN編集長の内田秀美が就任し、ブランドメッセージと日本市場のニーズに応える社会性、トレンドを組み合わせたコンセプト開発を行う。

【関連記事】
「AJA Recommend Engine」、メディア向けのブランドセーフティ機能を強化
電通、雑誌記事データをマイクロコンテンツ化するサービスを開始
Yappli、AppsFlyerを採用しアプリプラットフォームの顧客にコンテンツ最適化支援を提供
DAC、デジタルブランディングに特化した専門組織を設立
MailPublisher、ユーザー行動を可視化する「クリック分析レポート」機能を実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング