SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂マグネットとIROYA、オムニチャネルを推進するプロジェクトを発足

 Eコマース&セレクトショップ「IROZA」などを展開するリテールテックベンチャーであるIROYAは6月、ファッションビジネスに特化した広告企業である博報堂マグネットと、新プロジェクトをスタートする。

 今回のプロジェクトでは、IROYAの持つリテールソリューションと東急百貨店やSHIBUYA109などでのポップアップショップ展開のノウハウ、さらに博報堂マグネットが持つ雑誌社をはじめとした様々なメディアとのリレーションなどを活用。ブランド・商品のコミュニケーション戦略からリテールソリューション(販売から広告販促など)までをワンストップで展開し、将来的にはさらなる新規事業開発にも取り組んでいく。

 これまで両社は、雑誌社とのタイアップ企画に取り組んできた。たとえば、マガジンハウス発行の2017年3月「&Premium」やカエルム発行の2017年4月「NYLON JAPAN」では、雑誌編集部が選定した商品を誌面紹介。その後、IROYAの持つクラウド型サプライチェーンマネジメントソリューション「Monoposプラットフォーム」を利用して、期間限定のオムニチャネル型ポップアップショップを開店した。

 これにより、誌面とWebサイトからの集客、さらにリアル店舗とECサイトの双方で商品販売をする企画を実現し、いずれも予想を超える売上の向上に寄与できた。両社はこれらの経験をもとに、今回のプロジェクトチームを発足した。

【関連記事】
アビーム、「SAP Hybris」活用しオムニチャネル推進を支援するサービス開始
パルコがオムニチャネル対応を強化、「カエルパルコ」のシステム刷新
アクセンチュアとSAP、小売企業のデジタル変革を支援する取り組み開始
ナノ・ユニバース、オラクルのクラウド・サービスを導入~オムニチャネル戦略を加速
NRIデジタル、「オムニチャネル研究会」を発足~アドバイザーにはオイシックスの奥谷氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/13 12:45 https://markezine.jp/article/detail/26632

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング