SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、独自の配信ロジックシステムを開発 ターゲティングを自動で拡張

 アドウェイズは、運用型広告総合支援プラットフォーム「STROBELIGHTS(ストロボライツ)」において、ターゲティングを自動で無限に拡張させていくロジックを持った配信システム「INFINITY EXPANSION(インフィニティエクスパンション)」の運用を開始した。

 運用型広告では、多種多様なクリエイティブを制作、展開する必要があり、加えてそれに合わせたターゲティングを設計するとなると作業は非常に複雑化する。つまり、“人によるオペレーション“のみで設計を行うには限界があった。

 そのため、アドウェイズでは広告の訴求軸やコンテンツに合わせたターゲティングを自動で生成し、さらにそれを無限に拡張させていく独自ロジックと、それにともなう一連のシステム群として今回「INFINITY EXPANSION」を開発、運用を開始した。

 また同社は第一弾として、Twitterの提供するAPIを活用したTwitter広告での適用を開始した。リリース前に行った検証配信では同システムの適用により、人によるターゲティング設定のみの場合よりも、IMPが360%増加し、CPIも20%改善。これにより今までよりも低単価で、多くのIMPを獲得することが可能となる。

【関連記事】
博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ
エスワンオーインタラクティブとCandeeが提携 動画制作×トレーディングデスクを実現
ホットリンク、「BuzzSpreader」をリリース AIによるハッシュタグレコメンド可能に
電通、スウェーデンのデータ分析・デジタル広告運用会社と株式95%取得で合意
オールアバウトがネイティブ広告にMAを導入 データとコンテンツを活用しリード育成を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング