SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「クックパッド」1人勝ちの状況が一変か、レシピ動画アプリのユーザー数が急上昇【ヴァリューズ調査】

 ヴァリューズは、同社が提供するネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、料理アプリの利用動向についての調査を行った。

アクティブユーザー数はクックパッドがダントツ1位

 まず、料理アプリのアクティブユーザー数は、上位からクックパッド、DELISH KITCHEN、クラシルの順という結果に。4位以下を引き離すユーザー数となっている。

「クラシル」「DELISH KITCHEN」のユーザー数が3月から急増!

 クラシルとDELISH KITCHENのアクティブユーザー数の推移を見てみると、特に3~5月にかけて急伸していることが判明。3~5月の間に、DELISH KITCHENでは約190万人、クラシルでは約150万人のユーザーが増加している。

「クラシル」「DELISH KITCHEN」は50~60代に人気

 ユーザーを年代別に見てみると、クックパッドに比べ、クラシル・DELISH KITCHENは50~60代のユーザー割合が高いことも分かった。

レシピ以外の動画サービスの利用動向は?

 次に普段利用しているアプリに関する質問では、クックパッドと比較して、クラシルとDELISH KITCHENユーザーは、ニュース系のアプリを多く入れている傾向が見られた。合わせて、「Ameba TV」「TVer」などのアプリも入れており、レシピ以外のジャンルでも動画に親和性が高いようだ。

【調査概要】
調査主体:ヴァリューズ
調査期間:2016年6月~2017年5月
調査方法:同社運営のマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用

【関連記事】
レシピ動画サービス kurashiru運営のdely、総額30億円の第三者割当増資を実施
CMerTV、料理レシピ動画サイト「FOODIES」にプレロール広告独占配信
YouTubeの隠れた人気コンテンツ、食べ物&レシピ動画のチャンネルを公開
クックパッドの検索データ×インテージの購買データによる分析サービスがリリース
クックパッド、地域のチラシ・特売情報サービスを運営する子会社「トクバイ」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/26 11:24 https://markezine.jp/article/detail/26701

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング