MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AdWordsのキーマンの言葉から、今後のGoogleの方向性を読み解く

2017/07/12 10:00

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、2017年6月に米国西海岸のシアトルで開催された検索エンジンマーケティングをテーマにした大規模イベントSMXの上級者向けカンファレンスである「SMX Advanced」より、キーノートのレポートを紹介します。

世界中の検索エンジンマーケティング従事者が集うイベント「SMX Advanced」

 検索エンジンマーケティングをテーマにした大規模イベント「SMX(Search Marketing eXpo)」の上級者向けカンファレンスである「SMX Advanced」が、2017年6月13・14日の2日間にわたり、米国西海岸のシアトル市で開催されました。

 このカンファレンスシリーズは2007年に創設され、SEO、検索連動型広告に関する最新情報を求めて世界中から検索エンジンマーケティング従事者が集まってきます。私は創設当初の2008年から参加し続けており、今回で10度目。毎年の業界トレンドを読み取って日本に持ち帰ることを心がけています。

 10年も参加していると、各社の力の入れ具合も見えてきます。マイクロソフトはシアトル近郊の地元企業ということもあり、本イベントには毎年力を入れてきました。グーグルは一時期このようなカンファレンスから距離を置いていた時期もありましたが、ここ数年はマーケターとの対話を丁寧に行い、業界に対して啓蒙していく立場であることを明確にした感があります。

キーノートから垣間見れた、今後のGoogleの方向性

 今回も、初日のキーノートスピーカーとしてGoogleのAdWordsのプロダクト担当ヴァイス・プレジデントのジェリー・ディシュレル氏が登壇しました。直前の5月下旬に開催された「Google Marketing Next 2017」のおさらいのような内容でしたが、数多くの発表の中でもGoogleがどこにフォーカスを置いているのか、そして今後のGoogleの方向性が垣間見れました。ディシュレル氏の発言をもとに、キーノートの内容を紹介したいと思います。

本セッションは主催のSMXのYouTubeチャンネルでも公開されています。

 Search Engine Landのジニー・マーヴィン氏との対談形式で開始した本セッション。冒頭でディシュレル氏は、「生活者の(情報に対する)要求と期待はここ数年で上がってます。特にモバイルにおいては。」と述べています。忙しく、せっかちな生活者は短い時間枠の中で、よりアシストされた情報体験、よりよい広告を求め、探している情報に早く、正確に、邪魔されることなく到達したいのです。そのため、AdWordsについては次の3つの主要な取り組みから、この課題に対応しています。

1、Google アトリビューション?機械学習によるさまざまな自動化は進む
2、オーディエンスターゲティングはより精度と柔軟性を高める
3、モバイルでの体験をさらに改善?検索連動型広告とディスプレイ広告のAMP化

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5