SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リターゲティング広告のnex8、DoubleClick Ad Exchange向けネイティブアド対応

 ファンコミュニケーションズが運営する、リターゲティング広告配信サービス「nex8(ネックスエイト)」は、Googleの「DoubleClick Ad Exchange」向けにネイティブアドの提供を開始した。「nex8」を利用する広告主は、「DoubleClick Ad Exchange」経由で広告を掲載しているメディアに対し、コンテンツ性の高いネイティブ型のダイナミックリターゲティング広告を配信できるようになった。

 ネイティブアドとはメディアが提供している記事やコンテンツの形式と同様のデザインやフォーマットで広告配信できる広告手法のことで、広告がユーザーの行動の流れの中に自然と入り込むことから、ユーザーフレンドリーかつ高い広告視認性が長所となっている。

 ダイナミックリターゲティング配信とは、広告主サイトでのユーザーの行動履歴を元にバナーをリアルタイムに生成して、ユーザーごとに最適な広告を配信する広告配信手法。生活者が申込・購入を検討していた商品やサービスを直接広告バナーに表示させることで、ショップ店員に提案されているような消費体験をネット上で提供できる。

【関連記事】
A8.net、アフィリエイターが専門家から掲載内容のチェックを受けられる新サービス
リターゲティング広告配信サービス「nex8」、ビカムのDFOサービスと連携
リターゲティング広告サービス「nex8」、CyberZの「F.O.X」との連携で導入容易に
ファンコミュニケーションズ「nex8」とコマースリンク「DFO」が連携~多様なサイト構成に対応
ファンコミュニケーションズの「nex8」がリニューアル ダイナミックリターゲティング配信に特化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/07/19 10:30 https://markezine.jp/article/detail/26808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング