MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コニャック「レミーマルタン」、MSのホロレンズによる複合現実を活用したブランド体験プロジェクトを開始

2017/07/26 15:00

 コニャックブランド「レミーマルタン」は、マイクロソフト・ホロレンズを使用したブランドMR(Mixed Reality、複合現実)体験プロジェクトを開発した。

 この体験プロジェクトでは、セラーマスターであるバティスト・ロワゾー氏の呼びかけで、「レミーマルタンXO」の故郷であるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュの葡萄畑を表現したテーブルへと顧客を案内。特別な土壌で育まれる葡萄がワインとなり、オー・ド・ヴィー(原酒)から「レミーマルタンXO」へと生まれ変わっていく過程をホロレンズで見せていく。実際の風景の中にバーチャルを重ね、ブランドDNAを体感させる狙いだ。

 当プロジェクトはロサンゼルスでのローンチイベントを皮切りに、全世界で展開する予定。ただし、日本での体験イベントの開催は未定。

 本プロジェクトはイギリスのカゼンディ社がホロレンズの開発を担当し、自己完結型ホログラフィックコンピュータであるマイクロソフト・ホロレンズを活用することで実現した。

【関連記事】
hakuhodo-VRARと建仁寺 日本文化財のデジタル・トランスフォーメーション事業の共同研究開始
NTTドコモ、「みんなのVR」提供へ~クロスメディアと共同開発でVRサービスをより手軽に
iFashion Lab、「子供服×VR展示会」をネットとリアルで同時開催
グリー、スマホで住居空間のVRコンテンツが撮影できる「InsideMaps」の販売開始
若者がお金を払ってでも体験したいのはVR ARは無課金で楽しむ傾向強く【テスティー調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5