SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント子会社のLINE ビジネスコネクト向け配信ツール、アンケート機能を追加

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、同社子会社のRightSemgentが提供するLINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」に、「メッセージサーベイ」機能の提供を開始した。

 同機能では、アンケートをメッセージの形式で配信することができる。従来、Web上で実施していたアンケートでは、画面遷移により離脱率が増加してしまうケースがあったが、メッセージ形式で配信することによりユーザーの回答までの手間が軽減され、回答率の向上が見込める。また、「リッチメッセージ」機能を用いることで、通常のアンケートでは複数にわたる質問を、まとめて答えを回収することもできる。

 なお、アンケートは性別や年齢などの「基本アンケート」とキャンペーン期間中などに実施する「期間限定アンケート」の2種で設定することができる。「基本アンケート」の途中で回答を中断したユーザーに対しても、プッシュ通知で再開を促すことで、完全回答率の向上をサポートする。また、「特別アンケート」はキャンペーン期間など、一定期間において配信することが可能になっている。

 また、アンケートは企業の任意で分岐を細かく設定できるほか、数百パターンの回答分岐に応じたメッセージ・メッセージバナー製作・配信設定に対応する。

【関連記事】
LINE ビジネスコネクト向けサービス「TONARIWA」とドコモのチャットボット連携 グリコが導入
DACのDialogOne、リーバイスの会員証発行をLINE上で可能に 必要なのは友だち登録のみ
「LINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラム」開始~実績に応じてランク認定
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店に 既存サービスとの連携も
MAシステム「カスタマーリングス」、LINE ビジネスコネクトと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/01 12:45 https://markezine.jp/article/detail/26885

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング