MarkeZine(マーケジン)

記事種別

全日空商事ら、情報の多言語対応などで地方創成をサポートするインバウンドプロジェクトをスタート

2017/08/21 16:00

 全日空商事とエスキュービズムは、地方が望むインバウンド送客と地域情報コンテンツの多言語化による街インフラ構築をセットで提供する、インバウンドプロジェクトを始動する。

 全日空商事とエスキュービズムは、地方創生に向けたインバウンドプロジェクトを2017年9月よりスタートする。

 同プロジェクトは、訪日外国人へ向けた海外集客・送客と、地域情報コンテンツの多言語対応による街の情報インフラ構築をセットで提供するというもの。地域の史跡や名勝、店舗名などの情報を多言語化し、その内容を街のポータルサイトや街案内のデジタルサイネージなどに活用することができる。

 また多言語化した内容は、海外発信や広告にもそのまま使用でき、集客・送客につなげることが可能。翻訳タブレットでの接客や、免税処理、クレジットカード利用によるキャッシュレス対応なども実現する。

【関連記事】
東急電鉄とHuber.が資本業務提携~インバウンド事業の強化へ
訪日中国人へのターゲティング広告が可能に!YICHA、「360 Media 旅ナカ配信」をリリース
フリークアウトグループ、東アジア香港市場へ参入 ネイティブ広告プラットフォーム事業を展開
全日空商事、合弁会社設立で「運用型広告」のオペレーション強化
朝日新聞デジタル版の年間購読で、ANAマイルが貯まるサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5