SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、「LINE LIVE」上の運用型広告に関するパートナー契約をユナイテッドと締結 

 LINEは、ライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」内で9月下旬に開始予定のインストリーム広告配信サービス「LIVE Video Ads」の提供に向け、ユナイテッドと販売・運用パートナー契約を締結した。

 「LINE LIVE」は、24歳以下のユーザーの割合が47%と、主に若年層ユーザーからの高い支持を得ている。また、オリジナル番組の制作や縦型画面を活かしたミュージックライブ、スマートフォンならではの演出をしたミュージックビデオなど新しい領域にもチャレンジするなど、コンテンツ制作にも注力。2017年6月の実績で、月間利用者数は2,400万人を突破している。

 一方、ユナイテッドは、2011年よりプログラマティック広告取引市場に参入、モバイルに特化したDSPおよびSSPの開発・運営を行ってきた。2017年3月には、これまで培った同社の強みである広告配信技術および広告配信最適化ロジックを活かしたモバイル動画広告プラットフォーム「VidSpot(ビッドスポット)」を提供している。

 今回のパートナー契約を通じてLINEは、ユナイテッドの提供する「VidSpot」を採用し、また営業面での連携や知見を活用することで、「LINE LIVE」上での最適な広告配信とその広告効果の最大化を図る。

【関連記事】
LINEの運用型広告、1日1社限定の「First View」リリース 最上部限定表示で大量リーチ
「LINE@」が10月上旬にリニューアル 公式アカウントの機能を一部開放
博報堂DYデジタルとLINE、広告効果測定の精緻化目指したプロジェクト始動
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開
LINEの活用で学生の未返信率を削減~パイプドビッツ、新たな情報配信システムを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/29 11:30 https://markezine.jp/article/detail/26996

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング