SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画サービス、利用率が76%に/テレビ局運営サービスの利用率増【博報堂DYメディアパートナーズ調査】

 博報堂DYメディアパートナーズは、「第5回動画サービス利用実態調査」を実施した。同調査は、2015年12月に第1回を実施されて以降、年2回10万人規模のサンプル数でネット視聴できる動画サービスの利用実態を定点的に把握する目的で行われている。

動画サービスの利用率は76%に

 動画サービスの利用率(調査日より1ヵ月以内の利用)を調べたところ、無料サービスで75%、有料サービスで13%となっていることがわかった。また、いずれかを使っていると回答した人は76.4%となった。

テレビ局による動画サービスの利用率、約10%に上昇

 民放キャッチアップサービス、AbemaTVの利用率は、いずれも今回初めて約10%となり前年同時期と比較し大幅に上昇した。

※民放キャッチアップサービスは以下が対象

・TVer

・日テレ無料TADA! by 日テレオンデマンド

・テレ朝キャッチアップ

・TBS FREE by TBSオンデマンド

・ネットもテレ東

・プラスセブン

・ytv MyDo!

・MBS動画イズム

動画サービスで利用有無でテレビ視聴時間は変わらない

 動画サービス利用者によるテレビ放送視聴時間は、サービスの非利用者含む全調査対象者とほぼ同じ約3時間という結果になった。動画サービス利用者はテレビ放送視聴時間に動画視聴時間をプラスしており、特に有料動画サービス利用者にその傾向がみられた。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査方法 :インターネット調査
調査対象者:13~69歳の男女
サンプル数:10万人
調査期間 :2017年7月7日(金)~7月14日(金)

【関連記事】
ニューズピックス、スマホに特化したブランド動画広告の新プラン3つを同時リリース
10代はスマホ動画を1日80分視聴 高校野球の視聴も約3割がスマホで【ジャストシステム調査】
トレンダーズ、ジーニーと提携し6秒動画に特化した動画広告配信サービスをリリース
小学館のコミックアプリ「マンガワン」、AppLovinと提携し動画を含むネイティブ広告を配信へ
JKの流行り言葉、どれだけ知ってる? LINE、調査をもとに作成したWeb動画公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング