SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、IASとMomentumのサービスを電通PMPで無償提供 広告価値の毀損を最小化

 電通はネット広告価値の毀損を最小化するため、同社が提供するプライベート・マーケット・プレイス(以下、電通PMP)において、インテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)が提供する計測ツールとボット検知機能、またMomentumが提供するブロッキング機能(ボットを検知し、ボットに対する広告配信を予防する機能)の利用に関する包括契約を両社と結び、無償提供を開始した。

 昨今、ビューアビリティやアドフラウド、ブランドセーフティといった広告の価値毀損に関わる問題が表出している。

 今回の無償提供で、広告主はMRC認定を受けたIASの第三者ツールによって、ビューアビリティ、アドフラウド、ブランドセーフティに関わる客観的な計測データを無料で把握できる。さらにアドフラウドに関しては、配信時にIASとMomentumのテクノロジーによって二重にブロッキング対策することで、不正インプレッション・クリックのリスクを最小化することが可能になる。

 無償提供されるサービスは以下となっている。

【IAS】

 ・キャンペーンモニタリング(計測)

 ・リアルタイムシグナル(不正インプレッション検知)

 ・ログレベルレポート(ログデータ計測)

【Momentum】

 ・Black Heron(フラウド検知&ブロッキング)

【関連記事】
電通、イノベーション創出を支援する専門組織「電通ビジネスデザインスクエア」を設置
楽天と電通が共同設立した楽天データマーケティング、営業を開始
電通PMPの広告メニューに「ゲート広告」が登場!ブランディングへの貢献に期待
ジーニー、FIVEと連携し動画広告領域に本格参入 ソフトバンクのPMPにも配信機能を提供へ
VOYAGE GROUPとエスワンオーインタラクティブの合弁会社、トレンダーズとPMP導入支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/11 11:20 https://markezine.jp/article/detail/27228

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング