SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

海外カンファレンスの歩き方

米国を代表する企業の経営者から、データドリブン経営の実践を聞く!「Domopalooza」の歩き方

 業界の有識者がオムニバス形式で海外カンファレンスを紹介する本連載。第10回目はアタラの杉原氏による、「Domopalooza」の紹介です。データドリブンなビジネス変革に取り組む経営者が愛用する「Domo」の最新活用事例を、海外の大企業のエグゼクティブから直接聞くことができる本カンファレンスの魅力を紹介します。

「Domopalooza」の概要

イベント名:Domopalooza

開催時期:毎年3月 ※2018年は3月13日~16日に開催

場所:米国ユタ州ソルトレイクシティ

概要:ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を提供する、Domo社が主催するカンファレンス

レベル:BI、ダッシュボード、データドリブンビジネス

URL: https://www.domo.com/domopalooza

主催:Domo, Inc.

経営者が最も熱心に活用するITツール

 Domoは、アクセス解析プラットフォームSiteCatalystを世に出したOmniture社(2009年にAdobeが買収し、今はAdobe Analyticsとして継続)を創業したカリスマ経営者であるジャシュ・ジェイムズが2010年に新たに設立した会社です。

Domo 創業者兼CEO ジャシュ・ジェイムズ

 Domoは、企業における様々なデータを集約・可視化・共有することで、迅速な意思決定を可能にし、ビジネス価値を生む支援をするビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を提供しています。現在、Domoは世界中の多種多様な業界の企業に続々と導入されています。

 今年3月に開催されたDomopalooza 2017では、世界各国から約3,000名、日本からも約40名が参加しました。Domopaloozaの規模も年々拡大し、充実した内容になっています。

会場となったソルトレイクシティ市内のグランドアメリカホテル

 私は今年からパートナーとしてDomoのビジネスに関わっていますが、これほど経営者に熱心に活用されているITサービスは今までに見たことがありません。Domoはデータドリブンが課題となっているマーケティング分野での活用も欧米を中心に進んでいます。事業主やエージェンシーがどのように使ってビジネスを変革しているか、最先端の手法や事例を学ぶにはDomopaloozaは最適な場所と言えるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
米国を代表する企業の経営者から、データドリブン経営の実践を聞く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
海外カンファレンスの歩き方連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

杉原 剛(スギハラ ゴウ)

オーバーチュア、グーグルでの両検索エンジンの広告事業に携わる。現在はアタラ合同会社 CEO。APIを活用したデジタルマーケティングの自動化/効率化/見える化システム開発、リスティング広告戦略コンサルティング、アトリビューションマネジメントコンサルティングを行う。欧米のデジタルマーケティング事情にも詳しい。■関連リンク ATARA合同会社 ■著書 『アトリビューション 広告効果の考え方を根底から覆す新手法』 『リスティング広告 プロの思考回路』 『ザ・アドテクノロジー』 『いちばんやさしいデータフィードマーケティングの教本』 『運用型広告 プロの思考回路』 ※アタラ著書一覧 ■ブログ 「Quantum Leap」 「Unyoo.jp」

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング