MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CPA・CVRだけでは広告成果は測れない!マルチコンバージョン機能で出稿メディアとの相性がまるわかり

2018/01/16 10:00

 アイモバイルは昨年、アドネットワーク「i-mobile」にてマルチコンバージョン計測機能の提供を開始。これにより、管理画面においてCVRやCPAだけでなくROASも把握できるようになり、コンバージョンしたユーザーがその後にどういう行動をとっているか、どのメディアや広告枠がユーザーの総課金額が最も高いかなどの可視化を実現した。結果的にアドフラウド対策にもなっているというこの機能について、広告主からの反応や今後の展開を聞いた。

局所的でなく全体最適化を可能にする機能を開発

――国内最大級の規模で展開されている運用型アドネットワーク「i-mobile」では、現在も続々とサービスの拡充が続いています。今回は昨年提供を開始された「マルチコンバージョン機能」についてうかがっていきます。まず、お二人のご経歴と業務内容を教えてください。

(左)株式会社アイモバイル アドプラットフォーム事業本部 アドネットワーク事業部 プロダクトマネージャー 大島佑介氏(右)株式会社アイモバイル 技術本部 エンジニア 河本哲氏
(左)株式会社アイモバイル アドプラットフォーム事業本部 アドネットワーク事業部 プロダクトマネージャー 大島佑介氏(右)株式会社アイモバイル 技術本部 エンジニア 河本哲氏

大島:2012年に入社し、アドネットワーク事業部の営業マネージャーを経て、現在はプロダクトマネージャーを務めています。同時にトレーディングデスク部にて運用などもしております。

河本:他社でのエンジニア経験を経て、2012年から当社の技術本部でプロダクト開発とデータ解析を行っています。3年ほど前から研究開発にも注力しており、人工知能学会の全国大会で成果を発表する機会にも恵まれました。

――営業と技術部門は、日ごろから密に連携しているのですか?

大島:そうですね。僕ら営業部門のほうから機能開発の要望やクライアントの意見を伝えることはもちろん、技術部門側の視点から提案してもらうことも多いです。

――技術部門から、というのは珍しいですね。

河本:各案件担当者の視点だと、どうしても局所的な最適化になってしまうことがあります。システムおよびデータ全体を俯瞰することで、長期的にクライアントのメリットになりそうな機能やプロダクトを思いつくこともあるので、意見を交わしながら形にすることもありますね。

本来の目的を実現できる広告運用を

――では早速、マルチコンバージョン機能について教えてください。どういったことがわかる機能なのでしょうか?

大島:これはコンバージョンしたユーザーの、その後のアクションを可視化する機能です。以前の管理画面で表示していた、広告枠単位のCVRやCPA、出稿金額のほかに、任意に設定した最大6つのKPIの計測が可能になっています。今まではCVRやCPAでメディアを評価していたところを、課金額やROASをKPIに設定することで、より課金してくれるユーザーが多い、ROASが高いメディアを選ぶことが可能になります

マルチコンバージョン機能が搭載される前の管理画面(クリックして画像拡大)
マルチコンバージョン機能が搭載される前の管理画面(クリックして画像拡大)
マルチコンバージョン機能搭載後の管理画面/赤枠が追加部分(クリックして画像拡大)
マルチコンバージョン機能搭載後の管理画面/赤枠が追加部分(クリックして画像拡大)

河本:以前から、無料会員登録だけでなく有料会員登録や資料請求もコンバージョンとして計測したい、というニーズがあったので、それに応える機能になっています。同時に、課金額やROASがわかると、コンバージョンしたユーザーの長期的なLTVも把握できます実際にどのメディアで有望なユーザーを獲得できるのか、明確に数値化できるようになりました

――CVR優先の運用しかできなかった時は、実際にはCVRが高くてもその後のユーザーのアクティブ率や課金額が低い、ということもあったと思います。そうした事態を防いで、より広告主の本来の目的に近い運用が可能になったということですか?

大島:そうですね。課金額を当社に開示することが難しい場合も、ゲームアプリなら「チュートリアルを突破したユーザーの数」などを設定することで、よりメリットの大きいメディアを正しく選ぶ手がかりを得ることができます。

 広告主様には最大の効果を、メディア様には最大の収益を。スマートフォン・PCに対応した国内最大級のアドネットワーク「i-mobile」へのお問い合わせはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5