SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チャットボットサービス「AI Messenger」、「LINE カスタマーコネクト」の全機能に対応

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、同社の子会社AIメッセンジャーが提供する人工知能を活用したチャットボットサービス「AI Messenger」において「LINE カスタマーコネクト」における「LINE to Call」機能及び「Call to LINE」機能に対応を開始。これにより、「LINE カスタマーコネクト」におけるすべての機能に対応可能となった。

 「LINE to Call」は、チャットでの応対中にIP電話への接続を促し、ユーザーの料金負担無く通話対応ができる機能。一方「Call to LINE」は、IVRやチャットオペレーターからユーザーのLINEアカウントにメッセージを送信し、LINE上のチャットサポートに誘導する機能だ。

 これらによりユーザーは問い合わせ時にコールオペレーターの対応を受けるまでに時間を要する場合でも、待機時間のストレスが軽減されるようになる。

 今回の「AI Messenger」における両機能への対応は、日本アバイアの提供する「Avaya Aura」およびジェネシス・ジャパンの提供する「PureConnect」をはじめとしたCX基盤との連携により実現した。「AI Messenger」ではこれにより、「LINE カスタマーコネクト」が提供する「Auto Reply」「Manual Reply」「Call to LINE」「LINE to Call」とすべての機能に対応した。

 「LINE カスタマーコネクト」が提供する全機能に一貫して対応することで、企業は複数のサービスを導入することなく、横断的なデータの蓄積・活用が実現される。

【関連記事】
サイバーエージェント、「LINE カスタマーコネクト」の販売・運用代理パートナーに
ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始
LINE、 「LINE カスタマーコネクト」の正式販売を開始 4つの機能で顧客対応をサポート
阪急うめだ本店、AIを活用した店内案内のチャットボットサービスを導入
ジャパンネット銀行、LINEでの問い合わせ対応を開始 AIで24時間365日対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/12 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27624

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング