MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」、強制リダイレクト広告の検知対策をスタート

2017/12/22 14:00

 マイクロアドは、同社が提供するメディア収益化サービス「MicroAd COMPASS」において、強制リダイレクト広告への検知対策を開始した。

 強制リダイレクト広告とは、メディア掲載面に広告が配信された瞬間にユーザーが目的しないページに遷移させるもの。昨今、DSPやアドネットワークによる広告配信にて、不特定多数パターンの第三者配信タグなどを経由した同広告が頻発しており、媒体社の複雑高度化した広告収益化における慢性的な課題となっている。

 今回の対応により、掲載可否のチェックをすり抜けて不正を行う広告についても一部対策を行うことが可能に。より安全な広告収益化を実現することができる。

【関連記事】
AIがクレームの危険性を自動検知し未然に防ぐ!AI sales、「AIクレームチェッカー」をリリース
Salesforce、AIによる画像認識でソーシャルメディア上の自社製品関連投稿の検知を支援
WACULの「AIアナリスト」、「異常検知分析」機能を追加 CVに影響及ぼす異常を発見
GMO SSPがBlack Heronと連携 ドメイン偽装やアドインジェクションなど広告不正に対応
サイバーエージェント、成果報酬型広告の不正検知システムにAIを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5