SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、AI活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」を設置

 電通は、社内の各プロジェクトで開発・運用されているAIのノウハウと、これまで培ってきた社外とのネットワークを結集し、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI(エーアイ・ミライ)」を発足した。

 同チームは、クリエイティブ・メディア・情報システム・働き方改革などでAIを活用している社内40名以上のエキスパートで構成されている。これまで同社は、テレビ視聴システム「SHAREST(シェアレスト)」やAIコピーライター「AICO(アイコ)」など、同社の知見やデータを活かしたAI開発を進めてきた。現在20件以上のAI関連プロジェクトが個別に進行されており、現場での活用が浸透してきたのを機に、これらのシナジー効果を最大化すべく同チームの発足に至った。

 具体的には、AIを活用したマーケティングサービスを提供する「AI MIRAI Marketing」、生産性の向上やワークスタイル変革を支援する「AI MIRAI Workstyle」、各パートナー企業と協業して新規ビジネス開発を推進する「AI MIRAI Business」の3つの領域で、当初はサービス・ソリューションを開発していく。

 なお同社は1月16日、AIによる手書き文字認識の特許を持つAI insideとの業務提携を締結。デジタルトランスフォーメーションおよびマーケティング活用においての協業で合意した。今後両社は、AI領域における共同研究開発を推進していく。

 さらに、文化放送と共同で、スマートスピーカーを活用した音声コンテンツサービス「声優タイマー」もリリース。同サービスは、音声サービス「Amazon Alexa」に対応しており、180秒間を人気声優の声で楽しく過ごしてもらうというものだ。同サービスの深化・拡張により、音声メディアにおける新たなコミュニケーションサービスの提供を目指す。

 同社は今後、社内のAI領域ノウハウの高度化と社外の様々なパートナーとの連携を通じ、企業の課題解決につながるAIソリューションの開発と、社会におけるAI活用のさらなる拡大に貢献していく。

【関連記事】
電通、米国「ハローワールド」の株式過半を取得 生活者のロイヤルティ向上に強み
電通、「KPI運用型TVCMプランナー」の提供開始 個人視聴の推定でCMとデジタル広告の効果向上
企業のデジタル変革、68%が重要と認識/約半数は未着手【電通デジタル調査】
SEOで狙うべき検索キーワードを自動で提案!WACUL、「AIアナリスト」に新機能搭載
電通とNTT東日本、AIを活用した外国語SNS分析による訪日外国人向けマーケティングの実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング