MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オプト、デジタルハーツと業務提携 ゲーム攻略サイトを今春オープンへ

2018/02/13 14:30

 オプトは、デジタルハーツとゲーム攻略サイトの企画、運営に係る業務提携契約を締結した。

 昨今スマートフォンの普及にともない、スマートフォンゲーム人口が拡大するとともに、ゲームユーザーの約8割(デジタルハーツ調べ)がゲーム攻略サイトを利用しており、ゲームメーカーおよびゲームユーザーにとって、ゲーム攻略サイトが必要不可欠となっている。

 オプトはこれまで広告代理事業を通して、アプリ提供企業とメディア企業双方の事業成長をサポートしてきた。特に、急速に成長するアプリマーケティング市場において、企業が抱える課題解決に向け、アプリデータマネジメントツール「Spin App(スピンアップ)」の機能開発を促進するなど、開発領域にも注力。一方で、生活者ニーズが多様化する市場変化に合わせ、特定分野に特化するバーティカルメディアの運営・収益化にも取り組んできた。

 デジタルハーツは、全国15拠点における8,000名を超える豊富なテスト人員と、これまでの140万件以上の不具合検出実績を強みに、ソフトウェア全般の不具合検証・デバッグ事業を展開し着実な成長を遂げてきた。

 また、今後の更なる飛躍を目指し、現在を「第2創業期」と位置づけ、ゲームなどの領域においては、「エンターテインメント業界のトータルサポーター」となることを目指す「4th PARTY PROJECT」を推進している。

 両社は、同業務提携を通じ、オプトの保有するネット広告やバーティカルメディア運営におけるSEOやコンテンツ企画などのナレッジと、デジタルハーツの強みであるコアゲーマーであるテスターおよび圧倒的なゲーム知識を融合し、質の高いゲーム攻略情報をスピーディーに配信する。

 これにより、ゲームユーザーにとって、最も熱量の高いゲームのリリース時に満足度の高い情報をどこよりも早く届ける攻略サイトの開設を目指す。同サイトは、2018年春を目途にサイトのオープンを予定している。

【関連記事】
オプトの「Spin App」、MAppsが提供するアプリ離脱ユーザーリサーチサービスと連携へ
オプトのアプリ支援行うツール「Spin App」、GoogleのSDK「Firebase」と連携
オプト、位置情報×動画広告配信の「toSTORE Video Ad.」を開発 チラシの代替狙う
オプト、アプリ広告の効果測定SDKに特化したコンサルティングサービスをリリース
オプト、FBメッセンジャーを利用したニュース配信Bot管理ツール「Chatwith」の提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5