MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルインテリジェンス等、顧客視点のシナリオでマーケティング活動を評価するダッシュボード提供へ

2018/02/14 11:00

 デジタルインテリジェンス、ベストインクラスプロデューサーズ(以下、BICP)とDatorama Japan(以下、Datorama)は、企業のマーケティング活動を顧客視点のシナリオで可視化、評価する「CX Monitoring Dashboard with Datorama」の共同提供を開始した。

 CXとはCustomer Experienceの略語で、顧客体験の起点から完了までを指す。本サービス名では、ブランドと顧客の関係構築における一連のプロセスをマネジメントすることを意図してCXを用いている。

 情報量の肥大化、タッチポイントの多様化、生活者の意思決定プロセスの複雑化と共に、企業のマーケティング活動には従来に増して顧客との長期的な関係構築を視野に入れた体験のデザインとマネジメントが求められている。これに対し、多くのマーケティング活動の評価、レポートは未だに施策視点、メディア視点でおこなわれているのが実状だ。

 このような問題の解決に向けて、「CX Monitoring Dashboard with Datorama」では、デジタルインテリジェンス、BICP各社が保有するノウハウや資産を、Datoramaプラットフォームに連携。「顧客視点に立ったコミュニケーションシナリオの仮説設計」「ダッシュボード構築による顧客体験の可視化」「リアルタイムなデータ検証によるPDCAをおこないながらマーケティング活動の生産性向上」といった一連のサービスをワンストップで提供する。

【関連記事】
デジタルインテリジェンス、テレビCMとデジタル広告の統合管理および広告配信に関する特許を取得
DI.×DAC、TVCMキャンペーンのターゲットリーチ補完を目的としたデジタル広告配信を開始
DI.がテレビCMに向けられた視聴者の注視行動を計測する新指標データの提供を開始
DI.が「男女脳プロジェクト」を開始~男女別のCM視聴結果をクリエイティブに反映
デジタルインテリジェンス、リアルタイム運用でテレビCMを補完するソリューションを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5